渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館

最終更新日 2018年2月28日

ページID P000145

印刷

美術館を南側から見た写真です。

桑原巨守氏略歴(PDF形式 106キロバイト)

建物平面図(画像形式(GIF) 6キロバイト)

お知らせ

展示室だより
区分 展示内容 期間 観覧料

1階展示室

常設展2017後期

5月13日(日曜日)まで 200円
常設展2018前期 5月19日(金曜日)から11月5日(日曜日)まで
3階展示室

下記、「3階展示室のご案内」をご覧ください

下記、「3階展示室のご案内」をご覧ください

別途定めます

ただし、観覧料は中学生以下、65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方およびその付添者1名までは無料です。

休館日

平成30年3月

6日(火曜日)、13日(火曜日)、20日(火曜日)、27日(火曜日)

平成30年4月

3日(火曜日)、10日(火曜日)、17日(火曜日)、24日(火曜日)

平成30年5月

1日(火曜日)、8日(火曜日)、15日(月曜日)~18日(金曜日)、23日(火曜日)、30日(火曜日)

・15日(月曜日)から18日(金曜日)までは、展示替えのため休館となります。

3階展示室のご案内

美術館主催・企画展示

林耕史展 RIN/月が眠る山

林耕史は、1960年に長野県で生まれました。信州大学、上越教育大学大学院で学んだ後、小学校等の教育現場を経て、2009年からは群馬大学教育学部で教師を目指す若者の指導にあたっています。現在は、群馬に住んで制作活動をしながら毎年、国立新美術館で展覧会が開催される国画会での活動を中心に、精力的に発表を続けています。

その作品は、間伐材や古い家屋などで用いられていた廃材を利用すると共に丸太から材を切り出し、切られてもなお持ち続ける木の力を追い、木彫作品として新たな命を吹き込んでいます。ここ数年は、月をテーマとする作品が多く、作品を展示する空間のそこここに月のかけらが落ちてきたかのような、はたまた月に手が届きそうな感覚を楽しませてくれます。

かつて木が自然の大地に生えていた時のこと、月が照らす夜道のこと、そして、作品に出会ったことで生まれた想い…ぜひ、体感しにお出かけください。

  • 期間:3月21日(水曜日)から5月13日(日曜日)まで
  • 観覧料:300円
美術館ワークショップ「木片でつくる小さな彫刻」

作家の創作活動の一端を体験してみませんか。

林さんが創作する木彫作品になぞらえて、木片を使って小さな彫刻をつくります。

  • 日時:3月24日(土曜日)午後2時から午後5時まで
  • 会場:美術館3階資料室
  • 講師:林 耕史
  • 定員:先着20名(3歳~一般)小学1年生までは年長者の付き添いが必要です。
  • 料金:500円(材料費)
  • 申込方法:3月3日(土曜日)から3月22日(木曜日)までに美術館へ電話(電話番号0279-25-3215)か、直接お申し込みください。
ライブ・セッション「クラリネットと彫刻による音空間」
  • 日時:4月7日(土曜日)午後2時から午後3時まで
  • 会場:美術館3階企画展示室
  • 出演:菅生 千穂(クラリネット)

美術館共催展示

第16回 渋川市民美術展

渋川美術協会が主催し、広く市民に呼びかけ、洋画、日本画、彫刻作品など市民が創作した作品を公募し、一堂に展示、審査、表彰するもので、市民が主体の美術展です。

昨年に引き続き、渋川美術協会会員が小作品等を提供し「3.11被災地支援チャリティー展」を同時開催します。

「第16回 渋川市民美術展」

  • 会場:美術館3階市民ギャラリー

「3.11被災地支援チャリティー展」

  • 会場:美術館3階資料室

開催期間:5月19日(金曜日)から28日(日曜日)まで

・最終日は、市民美術展は午後4時まで、チャリティー展は正午までの観覧となります。

観覧料:無料

イベント案内

ミュージアム・コンサート

渋川市民吹奏楽団によるミュージアム・コンサートを行います。お気軽にお出かけください。

  • 日時:3月25日(日曜日)午後2時から
  • 場所:美術館1階常設展示室
  • 出演:渋川市民吹奏楽団
  • 入場料:無料(常設展観覧料も無料となります。)

市民吹奏楽団コンサート

レコードコンサート

これまで月に一回行われていたレコードコンサートですが、好評につきまして、毎日開催することになりました。また、曲目につきましてもできるだけ皆様のリクエストにお応えしていきたいと思います。ぜひご来館ください。

観覧料は上記、「展示室だより」をご覧ください。

美術館案内

施設の概要

  • 1階 常設展示室(196平方メートル)
    桑原巨守の彫刻を中心とした展示
  • 3階 市民ギャラリー兼企画展示室(232平方メートル)
    美術館の企画展示及び市の各種展示会や市民の作品展など
常設展示室の様子
常設展示室内1
展示物の写真
常設展示室内2
彫刻の写真
常設展示室内3

利用案内

開館時間

10時から18時(入館は17時30分まで)

休館日

火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

また、展示替えのため、臨時休館日があります。

詳しくは上記休館日へ

観覧料

常設展示200円、企画展示は別途定める

中学生以下、65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方およびその付添者1名までは無料

アクセス

  • 電車をご利用の場合

上越・北陸新幹線 東京駅より約1時間/JR高崎線 上野駅より快速で約1時間30分高崎駅着~いずれもJR上越線に乗り換えて約25分で渋川駅着

渋川駅より徒歩で約8分

  • 自動車をご利用の場合

関越自動車道 練馬インターから約1時間~渋川伊香保インターで降り、約10分

地図

住所 群馬県渋川市渋川1901-24

情報発信元

渋川市教育部渋川市美術館管理学芸係

群馬県渋川市渋川1901番地24
電話番号 0279-25-3215
ファクス番号 0279-23-1907
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


有料広告欄

広告掲載について