渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館

最終更新日 2019年12月1日

ページID P000145

印刷

美術館を南側から見た写真です。

桑原巨守氏の略歴桑原巨守氏略歴(PDF形式 106キロバイト)

建物平面図建物平面図(画像形式(GIF) 6キロバイト)

お知らせ                           

展示室だより
区分 展示内容 期間 観覧料

1階展示室

常設展2019前期

11月13日(水曜日)まで 200円
常設展2019後期 3月29日(日曜日)まで
3階展示室

下記、「3階展示室のご案内」をご覧ください

下記、「3階展示室のご案内」をご覧ください

別途定めます

ただし、観覧料は中学生以下、65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方およびその付添者1名までは無料です。

休館日

令和元年12月

3日(火曜日)、10日(火曜日)、17日(火曜日)、24日(火曜日)、27日(金曜日)~31日(火曜日)

令和2年1月

1日(水)~4日(土曜日)、7日(火曜日)、14日(火曜日)、21日(火曜日)、28日(火曜日)

令和2年2月

4日(火曜日)、12日(水曜日)、18日(火曜日)、25日(火曜日)

1階常設展示室のご案内

常設展示

『2019年度 常設展 後期』

11.16(土)~2020.3.29(日)

 東京美術学校(現在の東京藝術大学)時代、木彫を学ぶために高村光雲(1852-1934)の弟子であった関野聖雲(1889-1947)に師事した桑原巨守(1927-1993)は、その系統を継ぐ作家として亡くなる直前まで、具象彫刻と並行して木彫制作をしており、制作途中の作品も多く残されています。その制作姿勢は「木」が彫るものを訴えてくるまで長い間、素材となる木の固まりを眺め続け、語り掛けるというものでした。さらに制作途中の作品を視ると、自身の制作したブロンズ作品を元に木彫作品を制作しており、桑原の探究心を伺うことができます。また、戦争中に道具を焼失してしまった桑原が師であった関野聖雲を訪ねた折、関野が土の中から掘り出し譲り渡してくれた彫刻刀を自身が教えていた学生らに見せながら「木彫を制作するためには、よく切れる刀がなければ良い作品ができない」と道具の大切さも語り続けていました。今回は、制作途中の木彫作品、師から受け継いだ彫刻刀や、桑原が実際に使用していた道具類もご覧頂きます。触れる作品も引き続き展示しておりますので、眼だけでなく手からも作品鑑賞して頂けます。

美術館コンサート

 

 

 

3階展示室のご案内

美術館主催・企画展示

『The rising generation17 福井諭史 山田美智子』

12.14(土)~2020.1.13(日)

 何を造るのか、どうして造るのか、どのように表現するのか。そして、どのように提示するのか。現在上昇中の作家を紹介する企画展の17回目。今年は、人物に焦点を当て作品を制作している2人の作家を紹介します。モノトーンで人の顔を描く福井諭史。女性や子どもをモデルに着色で仕上げをする具象彫刻に取り組む山田美智子。写実や具象の追求ではないところで創作する2人の作家は、何を表現し、何を伝えようとしているのか。色のない平面と色のある彫刻で構成される空間でお楽しみ頂きます。               

美術館共催展示

『第44回 渋川・北群馬図工美術作品展 』

2020.1.17(金)~2.2(日)

 渋川・北群馬地域の小中学生が、学校で制作した作品を発表します。1~6年生まで、自由な発想で創られた作品、画面からはみだしそうな勢いのある絵、緻密に計算されて繊細に描かれた絵、技術の成長を見せてくれる本物そっくりの作品……いろんな子どもたちの顔がうかぶ1年間の成果をご覧ください。

 

市民ギャラリー・一般展示

『タテノイト』

12.5(木)~12.9(月)  最終日16:00まで 。群馬大学教育学部美術専攻3年次生による展示。

イベント案内

レコードコンサート

これまで月に一回行われていたレコードコンサートですが、好評につきまして、毎日開催することになりました。また、曲目につきましてもできるだけ皆様のリクエストにお応えしていきたいと思います。ぜひご来館ください。

観覧料は上記、「展示室だより」をご覧ください。

美術館案内

施設の概要

  • 1階 常設展示室(196平方メートル)
    桑原巨守の彫刻を中心とした展示
  • 3階 市民ギャラリー兼企画展示室(232平方メートル)
    美術館の企画展示及び市の各種展示会や市民の作品展など
常設展示室の様子
常設展示室内1
展示物の写真
常設展示室内2
彫刻の写真
常設展示室内3

利用案内

開館時間

10時から18時(入館は17時30分まで)

休館日

火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

また、展示替えのため、臨時休館日があります。

詳しくは上記休館日へ

観覧料

常設展示200円、企画展示は別途定める

中学生以下、65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方およびその付添者1名までは無料

アクセス

  • 電車をご利用の場合

上越・北陸新幹線 東京駅より約1時間/JR高崎線 上野駅より快速で約1時間30分高崎駅着~いずれもJR上越線に乗り換えて約25分で渋川駅着

渋川駅より徒歩で約8分

  • 自動車をご利用の場合

関越自動車道 練馬インターから約1時間~渋川伊香保インターで降り、約10分

地図

住所 群馬県渋川市渋川1901-24

情報発信元

渋川市教育部渋川市美術館管理学芸係

群馬県渋川市渋川1901番地24
電話番号 0279-25-3215
ファクス番号 0279-23-1907
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。