渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館

最終更新日 2019年7月31日

ページID P000145

印刷

美術館を南側から見た写真です。

桑原巨守氏の略歴桑原巨守氏略歴(PDF形式 106キロバイト)

建物平面図建物平面図(画像形式(GIF) 6キロバイト)

お知らせ

展示室だより
区分 展示内容 期間 観覧料

1階展示室

常設展2019前期

5月17日(金曜日)から12月8日(日曜日)まで 200円
常設展2019後期 12月14日(土曜日)から
3階展示室

下記、「3階展示室のご案内」をご覧ください

下記、「3階展示室のご案内」をご覧ください

別途定めます

ただし、観覧料は中学生以下、65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方およびその付添者1名までは無料です。

休館日

令和元年7月

2日(火曜日)、9日(火曜日)、16日(火曜日)、23日(火曜日)、30日(火曜日)

令和元年8月

6日(火曜日)、13日(火曜日)、20日(火曜日)、27日(火曜日)

令和元年9月

3日(火曜日)、10日(火曜日)、17日(火曜日)、24日(火曜日)

1階常設展示室のご案内

常設展示

『2019年度 常設展 前期』

5.17(金)~12.8(日)

 桑原巨守(1927-1993)は、自然讃美を提唱して作品制作に励みました。晴天率の高い群馬県ならではの眩しいほどの太陽の光、上州の“からっ風”と言われる、とても強い風。そして、その自然の恵みから育まれる食べ物や植物。桑原は、古くから美の表現を追求するために題材とされてきた女性像を主軸に、光や風、季節感、収穫物や花を用いて自然讃美というテーマを表現しようとしていました。また、多くの作品を残した桑原は、中にはある思いを込めて制作した作品もあります。今回は、桑原の創作への思いに寄り添いながら作品との対話をお楽しみ頂ければと思います。手で触れることのできる作品も引き続き展示しておりますので、眼だけでなく手からも作品を鑑賞して頂けます。

 

3階展示室のご案内

美術館主催・企画展示

『なんなん?どうなん?そうなんだ!2019~内側から見る美術:美術館の裏側』

7.14(日)~8.12(月・祝)

 美術館の展示って、何がきっかけで始まるのだろう? 作品を展示する時は、どんなふうにしているのかな? 会場の中には、どんな工夫がされているのだろう? 美術館の裏側での一部を作品展示と解説文を通してご覧頂きます。

 今回は、具象彫刻家・桑原巨守の所蔵していた“ジュール・パスキン”のデッサンや、版画家・髙橋房雄の所蔵していた“レンブラント・ファン・レイン”の版画など、貴重な作品も公開いています。照明の明暗や、自然光を活かした空間、テーマの設定や、作品の裏側……普段、なかなか見ることのできない収蔵作品を今回の“美術館の裏側”というテーマならではの構成でお楽しみ頂けます。 

美術館共催展示

『泉谷しげる アートオブライブ展』

10.5(土)~10.6(日)

 

泉谷しげるライブ

 マルチに活躍する“泉谷しげる”さんのアート作品とトーク&ライブをお楽しみ頂けます。当日は、渋川市出身でしぶかわ観光大使の“心奏(らら)”さん(ヴァイオリニスト、歌手)も出演します。泉谷さんとともに、素敵な音色とトークを聴かせてくれることと思います。

 

『渋川・北群馬・渋川特別支援学校児童生徒作品展』

11.14(木)~11.17(日)

  渋川・北群馬地域の特別支援学級と渋川特別支援学校の小中学部・高等部の子どもたちが学校で制作したユニークでパワフルな作品が会場狭しと展示されます

 

市民ギャラリー・一般展示

『一般社団法人 近代日本美術協会 赤城支部展』

9.11(水)~9.16(月・祝)  最終日16:00まで

 油彩画が中心。 東京都美術館で本展が行われる公募団体展の渋川地域の作家による赤城支部の展示。

『伊勢亀君代展 白の幻想』

9.20(金)~9.29(日)

 油彩画の展示。群馬県美術協会と、渋川美術協会の理事を務めている。

『花 光に踊る 絵画と写真の三人展』

11.21(木)~11.25(月)  最終日15:00まで

『加藤龍雄 創作木形子(こけし)人形展』

11.27(水)~12.2(月)  最終日16:00まで

イベント案内

レコードコンサート

これまで月に一回行われていたレコードコンサートですが、好評につきまして、毎日開催することになりました。また、曲目につきましてもできるだけ皆様のリクエストにお応えしていきたいと思います。ぜひご来館ください。

観覧料は上記、「展示室だより」をご覧ください。

美術館案内

施設の概要

  • 1階 常設展示室(196平方メートル)
    桑原巨守の彫刻を中心とした展示
  • 3階 市民ギャラリー兼企画展示室(232平方メートル)
    美術館の企画展示及び市の各種展示会や市民の作品展など
常設展示室の様子
常設展示室内1
展示物の写真
常設展示室内2
彫刻の写真
常設展示室内3

利用案内

開館時間

10時から18時(入館は17時30分まで)

休館日

火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

また、展示替えのため、臨時休館日があります。

詳しくは上記休館日へ

観覧料

常設展示200円、企画展示は別途定める

中学生以下、65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方およびその付添者1名までは無料

アクセス

  • 電車をご利用の場合

上越・北陸新幹線 東京駅より約1時間/JR高崎線 上野駅より快速で約1時間30分高崎駅着~いずれもJR上越線に乗り換えて約25分で渋川駅着

渋川駅より徒歩で約8分

  • 自動車をご利用の場合

関越自動車道 練馬インターから約1時間~渋川伊香保インターで降り、約10分

地図

住所 群馬県渋川市渋川1901-24

情報発信元

渋川市教育部渋川市美術館管理学芸係

群馬県渋川市渋川1901番地24
電話番号 0279-25-3215
ファクス番号 0279-23-1907
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。