赤城歴史資料館講演会の開催について

最終更新日 2017年2月15日

ページID P004768

印刷

講演会の開催について

戦国時代、上州は真田と武田、上杉、後北条らによる戦乱の最前線となりました。なかでも渋川の地は諸勢力の境目となり、激しい戦いに巻き込まれました。そして、平時には農民、危急の時には武装して戦場を駆け巡る「地侍」たちが渋川地域にもたくさんいました。今回の講演会では、上州地侍の気鋭の研究者である群馬県立歴史博物館の梁瀬大輔先生を講師に迎え、狩野氏や須田氏など、赤城地区を中心とした戦国時代の地侍とその実像に迫ります。現代につながる地元に密着した歴史史話、ぜひ皆さんおでかけになってください。

参加者の募集について

  • 演題:「戦国大名の戦争動員と南雲地衆」
  • 講師:梁瀬大輔先生(群馬県立歴史博物館)
  • 定員:50人(超えた場合は抽選を行います)
  • 対象:どなたでも
  • 日時:3月4日(土曜日)午後1時30分~午後3時
  • 場所:渋川市赤城歴史資料館(伝承室)
  • 参加料:無料(東側出入口から入場してください)
    ただし、展示室への入場には通常の入館料をいただきます
  • 申込方法:赤城歴史資料館(0279-56-8967)へ電話または直接お申し込みください
  • 募集期間
    平成29年2月15日(水曜日)から3月1日(水曜日)まで 。
    申込み受付は午前9時から午後4時30分まで(月曜日・火曜日は休館)。

関連リンク

地図

情報発信元

渋川市教育部文化財保護課文化財係

群馬県渋川市北橘町真壁2372番地1
電話番号 0279-52-2102
ファクス番号 0279-52-4008
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


有料広告欄

広告掲載について