瀧沢石器時代遺跡

最終更新日 2015年11月30日

ページID P000296

印刷

瀧沢石器時代遺跡

大石棒の写真

滝沢遺跡の写真

赤城歴史資料館の一角に展示されている巨大な石の棒 ── 祭祀的または呪術的なものというのが大方の見方ですが、実際のところはいまだ謎に包まれています。見る者の想像力をかきたてる大石棒は、大正15年、縄文時代に属する瀧沢石器時代遺跡から出土したもので、博物学者岩澤正作氏らによって発掘されました。

発掘風景の写真

自然石が並べられた配石遺構や住居跡が確認され、周辺からはさまざまな遺物が出土しました。先述した長さ1メートルもの大石棒は、第4号址から見つかりましたが、他にも石剣・岩版などの祭祀用具、石鏃・石匙・打製石斧・石皿・磨石などの実用品など、石製品が多数発見されて話題を呼びました。本県考古学の端緒を開いたとして評価された本遺跡は、昭和2年、国の史跡に指定されています。

赤城地区には瀧沢石器時代遺跡をはじめ、宮田畦畔遺跡、「樽式土器」で知られる弥生時代後期の樽遺跡、縄文時代中期を主体とした環状大集落が発見され話題となった三原田遺跡など、確認されている遺跡は90ヵ所以上です。

情報発信元

渋川市教育部文化財保護課埋蔵文化財係

群馬県渋川市北橘町真壁2372番地1
電話番号 0279-52-2102
ファクス番号 0279-52-4008
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。