ふれあいサロンへの講師派遣

最終更新日 2015年11月30日

ページID P000377

印刷

介護が必要になるきっかけは、身体を動かすことがおっくうになったり、歯が抜けてしまって食べものが思うように食べられなくなったなど、それとは関係ないような理由によるものがあります。

身体を動かさずにいたり栄養が不足すれば、筋力が低下して転倒しやすくなります。そして、転倒が原因で骨折すると、それが寝たきりになるきっかけになります。

いつまでもハツラツと過ごすためにも、身体の老化を理解して、身体の機能を維持・向上する介護予防について、皆さんで学んでいただくための講話です

1 講話の所要時間

約1時間

2 謝礼等

無料(市から直接在宅介護支援センターに支払われます)

3 講話の内容(例)

講話のテーマ

主な内容

転倒予防について

転倒が原因となって寝たきりになるケースがあります。そこで「転ばないからだづくり」などについてお話しします。

認知症予防について

認知症について正しく理解し、予防するための日常生活の過ごし方についてお話しします。

足指と爪の手入れについて

足の指や爪に問題があると、痛みから身体を動かすことがおっくうになり、不活発な生活になってしまいがちです。そこで、足を清潔で健康に保つための手入れについてお話しします。

飲み込みを上手にするために

飲みこみの時に「むせる」ことはありませんか。この誤嚥(ごえん)を原因とした誤嚥性肺炎は、実は悪性新生物(がん)、心疾患、脳血管疾患に次いで高齢者の死因の上位を占めています。そこで、上手な飲みこみや口の中のケアなど、お口の健康維持についてお話しします。

冬の皮膚の手入れについて

加齢に伴って肌の水分量が低下し、特に乾燥する冬には、かゆみなどの不快な症状が出やすくなります。そこで、肌の乾燥を防ぐ工夫などについてお話しします。

その他

在宅介護支援センターに直接ご相談ください。

4 在宅介護支援センターの担当地区と連絡先

担当地区

在宅介護支援センター名

電話番号

古巻・豊秋

在宅介護支援センター永光荘

0279-23-1401

金島・伊香保

在宅介護支援センターかない苑

0279-24-8321

渋川・金井軽浜

在宅介護支援センターしぶかわ

0279-30-2077

赤城・北橘

在宅介護支援センターねむの丘

0279-52-4189

小野上・子持

在宅介護支援センター春日園

0279-53-2506

5 お願い

  • 講話の依頼は、直接、担当地域の在宅介護支援センターにご連絡ください。
  • 在宅介護支援センターの業務の都合上、急なご依頼にはお応えできない場合がありますので、日程や講話の内容は、お早めに、担当地区の在宅介護支援センターとご相談ください。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市保健福祉部地域包括センター地域支援係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2179
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。