認知症初期集中支援チームに相談できます

最終更新日 2018年4月1日

ページID P004401

印刷

平成28年10月1日から認知症初期集中支援チームを設置しました。

渋川市は、認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住みなれた地域で暮らし続けることができるよう、認知症の方々への早期対応を行います。

認知症への新しい取り組み

認知症は症状が軽いうちから適切な支援を行うことで、症状の進行を遅らせることができます。このため、早期発見・早期対応が重要です。

本人や家族が「認知症を知られたくない」との思いから、相談に来たときにはすでに重症化している方が多く、できるだけ早い段階での支援が課題になっていました。この課題に取り組むため「認知症初期集中支援チーム」を設置しました。

認知症初期集支援チームとは

チーム員は保健師、社会福祉士、介護福祉士などの専門職とチーム員へ指導や助言を行う認知症専門の医師で構成されます。

認知症の疑いがあるけれど受診を拒否している、家族がどのように接すればよいか分からない、認知症と診断されこの先が不安、本人が引きこもりがちでサービスが使えないなど、認知症に関する相談を最寄りの地域包括支援センターへ相談してください。

地域包括支援センターからの情報を基に、支援が必要な人の対応を検討します。認知症初期集中支援チームが家庭を訪問し、介護サービスや医療につなげていくために関係機関との調整を図り、本人や家族を集中的に支援していきます。

対象者

在宅で生活している40歳以上の認知症又は認知症の疑いがある方 

相談方法

本人が症状を自覚することが難しいため、周りの「気づき」が大切です。「もしかして」と思うことがありましたら、最寄りの地域包括支援センターへお越しいただくか、お電話でご相談ください。

お問い合わせ先

下記「渋川市地域包括支援センター一覧」でご確認ください。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き渋川市のサイトを離れます)が必要です。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市保健福祉部地域包括センター地域支援係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2179
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。