ご存じですか?成年後見制度

最終更新日 2018年4月1日

ページID P004651

印刷

このようなことが心配ではありませんか?

・親が認知症になり、預貯金や財産の管理ができなくなってしまった。

・施設入所や介護保険サービスの利用契約の手続が自分ひとりでできない。

・ひとり暮らしの友人が、訪問販売や悪徳商法の被害にあっている。

・息子は重度の障がいがあり、私たち夫婦が亡くなった後のことが心配。

成年後見制度とは

 認知症や知的障害・精神障害などで判断能力が十分でない方について、家庭裁判所によって選ばれた成年後見人等が、身の回りに配慮しながら財産の管理や福祉サービス等の契約を行い、ご本人の権利を守り日常生活を支援するための制度です。

 成年後見制度を利用して支援する人を決めれば、本人に代わって契約を公正に行うことができ、本人にとっても相手方にとっても安全に契約を行うことが可能になります。

「もしも」のときに備えて

 判断能力が不十分になった場合に備える仕組みもあります。

 あらかじめ代理人を選んでおき、財産の管理や福祉サービスの契約等の手続をしてもらうための契約を結んでおきます。判断能力が低下した時点で、代理人(任意後見人)の支援が開始されます。

 成年後見制度の利用は、本人の権利や財産等を守り、本人や家族の不安を解消します。

成年後見制度利用の相談はどこへ?

  成年後見制度について詳しく知りたい方、利用を考えているもののどこへ相談したらよいか分からない方は、お住まいの地区にある地域包括支援センターまでお問い合わせください。

 なお、相談者の個人情報は厳格に保護されます。

お問い合わせ先

下記「渋川市地域包括支援センター一覧」で確認してください。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き渋川市のサイトを離れます)が必要です。

関連リンク

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市保健福祉部地域包括センター地域支援係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2179
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。