自動車税・自動車取得税の減免対象範囲

最終更新日 2015年12月1日

ページID P000415

印刷

障害の区分と等級

障害の区分

該当等級

視覚障害

1級から4級

聴覚障害

2級及び3級

平衡機能障害

3級

音声機能障害

3級(身体障害者本人が運転する場合で咽頭摘出による音声機能障害がある場合に限る)

上肢不自由

(身障者本人が運転する場合)1級及び2級

上肢不自由

(生計を一にする人が運転する場合)1級及び2級

下肢不自由

(身障者本人が運転する場合)1級から6級

下肢不自由

(生計を一にする人が運転する場合)1級から3級

体幹不自由

(身障者本人が運転する場合)1級から3級及び5級

体幹不自由

(生計を一にする人が運転する場合)1級から3級

乳幼児期以前の非進行性脳病変による運動機能障害

上肢機能(身障者本人が運転する場合)1級及び2級

乳幼児期以前の非進行性脳病変による運動機能障害

(生計を一にする人が運転する場合)1級及び2級

乳幼児期以前の非進行性脳病変による運動機能障害

移動機能(身障者本人が運転する場合)1級から6級

乳幼児期以前の非進行性脳病変による運動機能障害

(生計を一にする人が運転する場合)1級から3級

心臓機能障害

1級及び3級

じん臓機能障害

1級及び3級

呼吸器機能障害

1級及び3級

ぼうこう又は直腸機能障害

1級及び3級

小腸機能障害

1級及び3級

肝臓機能障害 1級から3級

ヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能障害

1級から3級

(補足)肢体不自由で上肢や下肢など障害部位が複数ある場合は、原則として総合等級を各障害にあてはめ減免に該当するかどうかを判断します。ただし、次の障害等級に該当した場合は、総合等級ではなくそれぞれの部位の等級で該当するか判断します。

  1. (本人が運転する場合)視覚障害4級
  2. (生計を一にする人が運転する場合)視覚障害4級、上肢不自由2級、下肢不自由3級、乳幼児以前の非進行性脳病変による運動機能障害上肢機能2級・移動機能3級

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市福祉部地域包括ケア課障害福祉係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2359
ファクス番号 0279-22-2327
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。