要医療重症心身障害児(者)訪問看護支援事業

最終更新日 2019年4月1日

ページID P006520

印刷

在宅で医療的ケア(経管栄養、吸引、吸入等)の必要な重症心身障害児(者)を介護する家庭に対して、長期間の訪問看護を実施することで、介護する家族の精神的及び経済的負担を軽減します。

対象者

下記のいずれかに該当する人で、医師が訪問看護を必要と認める人
・児童相談所において重症心身障害と判断された人
・3歳未満で状態像が上記と同等の障害児であると児童相談所が判定した人

利用時間

30分単位(2時間30分まで)
ただし、保険診療で行う訪問看護につなげて1日4時間以上利用した場合(保険診療で行う訪問看護(最大1時間30分)を除く)

利用回数

年間6回まで

費用

市民税課税世帯 30分250円
市民税非課税世帯 30分125円
生活保護世帯 30分125円

問い合わせ先

地域包括ケア課 TEL 0279-22-2359 FAX 0279-22-2327

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市福祉部地域包括ケア課障害福祉係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2359
ファクス番号 0279-22-2327
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。