新型コロナウイルス感染症について

最終更新日 2020年7月22日

ページID P007118

印刷

市民のみなさまへ

2019年12月以降、新型コロナウイルスによる感染症が各地で報告され、感染者数が増加しています。

渋川市内では、2020年4月18日(土曜日)に市内1例目の感染が確認されました。

渋川市は、市内の感染拡大防止のため、全市をあげて対策に取り組んでいます。

市民の皆様におかれましては、「感染症対策」と「新型コロナウイルスの集団発生防止」へのご協力をお願いします。

市内の新型コロナウイルス感染者患者発生状況

県内の新型コロナウイルス感染症患者発生状況

感染症対策へのご協力をお願いします

感染経路

現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられています。

(1)飛沫感染

感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。
(補足)感染を注意すべき場面:屋内などで、お互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすとき

(2)接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、自らの手で周りの物に触れると感染者のウイルスが付きます。

未感染者がその部分に接触すると感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、感染者に直接接触しなくても感染します。

(補足)感染場所の例:電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチなど

新型コロナウイルスを含む感染症対策の基本は、「手洗い」や「マスクの着用を含む咳エチケット」です。

感染症対策リーフレット 咳エチケットリーフレット

出典:首相官邸ホームページ

新型コロナウイルスの集団発生防止にご協力をお願いします

集団発生を防ぐために~3つの「密」を避けましょう~

集団感染の共通点は、

  • 換気が悪い「密閉空間」
  • 多くの人が集まる「密集場所」
  • 間近で会話や発声をする「密接場面」 です。

換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けましょう。
特に高齢の方や持病のある方については、人ごみの多いところはできるだけ避けるなど、感染予防にご注意をいただくようお願いします。

3つの密を避けましょうリーフレット 

出典:首相官邸ホームページ

もしも、ご自身の感染が疑われる場合は

次のいずれかの症状がある方は直接医療機関に行かず、下記の相談窓口にご連絡ください。

  • 「帰国者・接触者相談センター」などに相談する目安が変更されました。
    新しい目安では、体温が37.5度以上でなくても、軽い風邪の症状が続く人や基礎疾患のある人は、すぐに相談をするようにとされています。

    (1)比較的軽い風邪症状のある人
     (補足)症状が続く場合(4日以上は必ず)はすぐに相談しましょう。
     (補足)高齢者・糖尿病・心不全・呼吸器疾患がある人、人工透析者、免疫抑制剤や抗がん剤を使用している人、妊婦などはすぐに相談しましょう。
    (2)息苦しさ、強いだるさ、高熱などの強い症状のいずれかがある人は、すぐに電話相談しましょう。

 

  • 発熱など症状がある人の受診相談は「渋川地区発熱スクリーニング外来 」へ

 (補足)市民が発熱した時など不安の解消に努めるため開設したものです。
 (補足)電話による事前予約制で、事前に詳細を聞き取りします。

 

名称 電話番号 対応時間
【帰国者・接触者相談センター(群馬県)】
1 渋川保健福祉事務所

2 群馬県新型コロナウイルス感染症コールセンター
(新型コロナウイルス感染症の受診と予防方法に関すること)

0279-22-4166

0570-082-820

平日8時30分〜午後5時15分

平日・休日問わず9時〜21時
上記以外の時間は診療相談
(027-223-1111)
渋川地区発熱スクリーニング外来
(7月6日から電話相談のみ対応)
080-2208-3876 【相談時間】
平日9時から16時
(祝日は除く)

ご相談いただいた結果、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合には、保健福祉事務所(保健所)を通じて、専門の「帰国者・接触者外来」を紹介しています。

電話相談では、発熱した場合に受診できる医療期間の情報提供を行いますので、安心してご相談ください。

【相談後、医療機関にかかるときのお願い】

保健福祉事務所(保健所)から勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。
医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケットをお願いいたします。渡航歴のある方は、医療機関で渡航先と渡航期間を申し出てください。

新型コロナウイルス感染症以外の病気の方も非常に多い状況です。インフルエンザ等の心配があるときには、通常時と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合にご注意いただきたいこと

部屋を分ける、こまめな換気、共用部分の消毒など、感染防止対策にご注意ください。

ご本人は外出を避けてください。ご家族、同居されている方も熱を測るなど、健康観察をし、不要不急の外出を避け、特に咳や発熱などの症状があるときには、職場などには行かないようにしてください。

聴覚に障がいがある方をはじめ、電話での相談が難しい方の相談窓口

電話でのご相談が難しい方へ、FAXでの相談も受け付けております。

○群馬県

 FAX:027-223-7950

○厚生労働省 

 FAX:03-3595-2756
 メールアドレス:corona-2020@mhlw.go.jp

出国を予定されている方、帰国・入国された方へのお願い

渡航者の皆様におかれては、感染の地理的拡大の可能性に注意し、現地の状況が悪化する可能性も念頭に、各国の出入国制限や検疫措置の強化に関する最新情報を確認するとともに、感染予防に万全を期してください。

また、海外渡航後に体調が悪くなった場合は、上記相談窓口に電話で連絡してください。

新型コロナウイルス感染症に関する最新情報

現在、首相官邸、厚生労働省のホームページ、群馬県のホームページ等に掲載しておりますので、ご確認下さい。

○首相官邸

○厚生労働省

○群馬県

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き渋川市のサイトを離れます)が必要です。

関連リンク

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市スポーツ健康部健康増進課

群馬県渋川市石原6番地1 第二庁舎一階
電話番号 0279-22-2111
ファクス番号 0279-22-2132
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。