夏休みを利用して予防接種を受けましょう

最終更新日 2017年7月14日

ページID P005021

印刷

夏休みは接種を受けるお子さんや同伴する保護者にとって、医療機関に行き予防接種を受ける良い機会です。対象となっている人で、まだ接種を受けていない人は、この夏休みの間にできるだけ接種を受けましょう。
 

まずは、接種状況を母子健康手帳で確認をしてください。
小学校就学前の幼稚園・保育園年長児相当年齢が対象の麻しん風しん混合予防接種や、

小学校6年生対象の二種混合予防接種など、幼児や児童が受ける予防接種があります。


また、乳幼児の予防接種についても、対象年齢内に標準的とされる接種間隔で接種を受けましょう。
なお、定期予防接種の対象年齢から外れてしまうと、予防接種費用は有料となりますので注意してください。
 

こどもの定期予防接種

こどもの予防接種の情報については、こちらをご覧ください。

こどもの定期予防接種(内部リンク)

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市保健福祉部 健康管理課(渋川市保健センター)管理予防係

群馬県渋川市石原6番地1 第二庁舎一階
電話番号 0279-25-1321
ファクス番号 0279-20-1037
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。