古巻公民館成人学級「ぐんまの鉄づくりを学ぶ」

最終更新日 2019年1月23日

ページID P006305

印刷

下仁田町にあった中小坂(なかおさか)鉄山は江戸時代から製鉄が行われ、明治7年に民間資本によって近代的な製鉄操業を開始したのち、明治11年から17年までの間日本初の官営の製鉄所となりました。また、中之条町のチャツボミゴケ公園は太平洋戦中から戦後にかけて鉄鋼石を掘り出した群馬鉄山の跡です。そして、渋川市には大同特殊鋼の渋川工場があります。このように群馬県は鉄づくりと関係の深い地域であることがわかります。群馬県の鉄づくりの歴史と内容を学びます。

ぐんまの鉄づくりを学ぶ

中小坂鉄山(下仁田町)や群馬鉄山(中之条町)の鉄づくりを学びます。

  • とき:2月23日(土曜日)午後2時から4時まで
  • ところ:古巻公民館 講堂
  • 講師:原田 喬(たかし)さん(元渋川工業高校教諭)
  • 対象者:一般
  • 定員:30人(先着順)
  • 参加料:無料
  • 申込方法 :電話か窓口で、古巻公民館へ(電話22−1892)
  • 申込期間:1月21日(月曜日)から2月18日(月曜日)まで。午前8時30分~午後5時15分(日曜・祝日除く)

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市教育部古巻公民館

群馬県渋川市八木原678番地
電話番号 0279-22-1892
ファクス番号 0279-24-7691
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。