全国創作こけし美術展in渋川 創作こけしとその作家たち

最終更新日 2017年6月16日

ページID P004398

印刷

「創作こけし」は昭和20年代に誕生した「近代こけし」のうち、主に作家の1品作として制作されるようになった美術工芸品で、本市をはじめ県内各地で育まれてきました。現在、国が指定した「現代の名工」及び「黄綬褒章」受章者を含む60余名の作家が、全国各地で盛んな創作活動を展開しており、その芸術性は高い評価を得ています。

会場では、創作こけし作家と直接会話することもできます。

日本を代表する出展作家を紹介します↓

渋川市の現代の名工・黄綬褒章(創作こけし作家)(新しいウインドウが開きます)

INFORMATION(第24回展が始まります!)

平成29年11月1日(水曜日)から7日(火曜日)までの1週間で、第24回展が開催されます。現代の名工・黄綬褒章受章作家、ハンガリー人の創作こけし作家や日本全国で活躍している創作こけし作家の作品を一堂に展示します。こけし展に来たことがない方は、きっとこけしのイメージが変わります。ぜひ足をお運びください。

11月5日(日曜日)には無料でこけしの絵付け体験教室を行います。人数に限りがあり、先着順でのご案内となりますが、ぜひお越しください。

↓こちらは昨年のチラシです。

第23回こけし展チラシ

第23回展チラシ(新しいウインドウが開きます)

全国創作こけし美術展in渋川

全国でも珍しいコンクール形式でない創作こけし美術展です。平成6年(1994年)11月に第1回を開催してから、毎年渋川市で開催しています。作家の自由な発想、創作によって制作されたこけしが渋川市に一堂に会します。創作こけしの繊細さ、美しさ、しなやかさ、かわいらしさ、迫力を是非会場でご堪能ください。

H28こけし展H28こけし展

とき

第24回展

平成29年11月1日(水曜日)から平成29年11月7日(火曜日)

9時から17時(入場は16持30分まで)

(補足)最終日は16時まで(入場は15持30分まで)

第25回展(予定)

平成30年9月8日(土曜日)から平成30年9月13日(木曜日)

9時から17時(入場は16持30分まで)

(補足)最終日は16時まで(入場は15持30分まで)

(お知らせ)会場である渋川市民会館改修工事のため、例年よりも約2か月早い開催となります。

ところ

渋川市民会館小ホール

入場料

無料

創作こけしの世界 絵付け体験

全国創作こけし美術展の開催にあわせ、「創作こけし」の世界に触れる機会を提供し、広く理解してもらうことを目的に、絵付け体験を実施します。

毎年好評のイベントのため、整理券を午前の部は9時から、午後の部は1時から配布します。

昨年の様子H28絵付け教室H28絵付け教室

とき

平成29年絵付け体験

平成29年11月5日(日曜日)

午前の部:9時30分から11時

午後の部:13時30分から15時

平成30年絵付け体験(予定)

平成30年9月9日(日曜日)

午前の部:9時30分から11時

午後の部:13時30分から15時

ところ

渋川市民会館小ホール前

内容

創作こけし作家の作品鑑賞と絵付け体験

定員

各部とも15名(先着順)

講師

渋川こけし人形会創作こけし作家

参加料

無料

持参するもの

筆記用具、ぞうきん

参加方法

当日直接会場へ

整理券を午前の部は9時から、午後の部は1時から配布します。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き渋川市のサイトを離れます)が必要です。

関連リンク

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市教育部生涯学習課生涯学習係

渋川市石原6番地1
電話番号 0279-22-2500
ファクス番号 0279-22-2132
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。