少年の主張

最終更新日 2018年8月4日

ページID P004103

印刷

少年の主張とは

少年が日ごろの生活をとおして感じていることや考えていることを発表することにより、社会の一員としての自覚を高めるとともに、少年に対する市民の理解や認識を深め、青少年健全育成活動の一助とし、併せて「少年の日」の普及を図ることを目的に「少年の主張」を実施します。

平成30年度大会のご案内

平成30年度大会
大会名 日時 会場
渋川市大会 7月5日(木曜日)午後1時30分から

金島ふれあいセンター

(渋川市金井1999番地)

中部地区大会 8月4日(土曜日)午後1時から

玉村町文化センター

(玉村町大字福島325)
群馬県大会 9月15日(土曜日)午後1時から

群馬県公社総合ビル

(前橋市大渡町1-10-7)

渋川市大会の最優秀賞3名が中部地区大会へ出場します。

<平成30年度の結果>

渋川市大会の結果

平成30年7月5日(木曜日)に渋川市大会が開催され、市内の各中学校を代表する生徒が出場し、心からの思いや日々の生活の中で考えたこと、感銘を受けたことを中学生らしい自由で鋭い感性でまとめ、熱弁を振るいました。
最優秀賞の3名が平成30年8月4日(土曜日)に開催された中部地区大会へと出場しました。

最優秀賞

最優秀賞
氏名 学校・学年 主題
大村あかり 渋川中学校2年 方言の魅力
一場咲穂 渋川中学校3年 グラデーション
木暮龍馬 渋川北中学校3年 人間の可能性を信じて
優秀賞
優秀賞
氏名 学校・学年 主題
星野碧生 子持中学校3年 今できること
山田実奈 伊香保中学校3年 本当の幸せ
小山葉生 赤城南中学校3年 未来のスイッチ
須藤翼斗 古巻中学校3年 言葉が創り出す社会
田村凜太郎 渋川北中学校1年 なによりありがたいこと
池田美乃莉 赤城北中学校1年 思いやりが人を変える
佐藤穂香 古巻中学校3年
仲澤芽生 北橘中学校3年 障害者に対する見方
埴田礼奈 子持中学校3年 おばあちゃんが選んだ生き方
千木良未結 金島中学校3年 カラフル
武井紫音 北橘中学校3年 あの日出会った言葉

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市教育部生涯学習課

渋川市石原6番地1
電話番号 0279-22-2111
ファクス番号 0279-22-2132
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。