振り込め詐欺にご注意ください

最終更新日 2015年11月27日

ページID P001085

印刷

振り込め詐欺による被害が後を絶ちません。渋川市内においても被害は発生しています。

被害者にならないよう、常に警戒を怠らないようにしましょう。

手口

一口に振り込め詐欺といっても、そのパターンはいくつかあります。代表的なものを紹介します。

  • オレオレ詐欺 家族や警察官、弁護士などになりすまし、交通事故や借金などのトラブル処理のために、現金を振り込ませようとします。    
  • 架空請求詐欺 インターネットの有料サイトの利用料や借金の請求などをでっち上げ、はがきや電子メールを送りつけ、現金を振り込ませようとします。
  • 融資保証金詐欺 「担保保証金なしで高額融資」「多重債務を一本化」などと融資の勧誘を行い、その保証金や手数料などの名目で、現金を振り込ませようとします。
  • 還付金等詐欺 社会保険庁や市の職員などをよそおい、還付金があるからなどと言い、無人ATM(現金自動預払機)の操作方法を指示し、現金を振り込ませようとします。

この他、次々に新たな手口が登場しています。

知っているはずなのに

群馬県警察本部の調べによると、振り込め詐欺の被害者のおよそ95パーセントが、知識として振り込め詐欺の手口を知っていたにもかかわらず、被害に遭っています。いざ自分が当事者になってしまうと簡単に騙されてしまう、そういった実態があるようです。

被害に遭わないために

  • 振り込みを要求されてもすぐには振り込まないようにしましょう。また、ひとりでは振り込まないようにしましょう。
  • 電話の相手が、身内や警察官などを名乗る場合は、いったん電話を切り、間違いなく本人なのか確認しましょう。
  • ATMの操作を求められたら、詐欺だと考えましょう。
  • 誰でも、いつでも、被害者になる可能性があります。「私だけは大丈夫」「私は騙されない」と思うことが一番危険です。
  • 少しでもあやしいと思ったら、慌てずに、落ち着いて、身近な人や行政などに相談してください。渋川市消費生活センター電話番号:0279-22-2325でも相談を受け付けております。ご利用ください。

関連情報案内

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市市民部市民協働推進課自治活動支援係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2463
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。