生ごみの減量、食品ロスの削減にご協力ください!

最終更新日 2018年3月12日

ページID P005621

印刷

群馬県内で排出されたごみの約33%が生ごみで、そのうち食べ残しや期限切れ、皮の厚むきなど、本来食べることができた部分が食品ロスです。

渋川地区広域清掃センターでも約20%程度が生ごみであり、ごみを減らすためには、生ごみの減量、食品ロスの削減が欠かせません。

群馬県では「ぐんまちゃんの3キリ運動」として次のことに取り組んでいます。

 1 使いきり

  ・まずは、計画的な買い物で廃棄食品を出さないようにしましょう!

  ・賞味期限を正しく理解して廃棄する前に使いきりましょう!

 2 食べきり

  ・作った料理を食べきる、または食べきれる量を考えて調理しましょう!

  クックパッド消費者庁の公式キッチン(外部ページに移動します)も参考にしてみてください。

 3 水切り

  ・生ごみを捨てるときは、しっかり水切りをしてから捨てましょう!

ぐんまちゃんの3キリ運動の詳細はこちら(外部ページに移動します)をご確認ください。

 

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市市民部環境課生活環境係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2114
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。