渋川市住宅用太陽光発電システム等設置費補助制度

最終更新日 2017年9月13日

ページID P001366

印刷

市では、地球環境に負荷の少ないクリーンエネルギーの普及を促進し、地球温暖化防止を図るため、

住宅用太陽光発電システム及び定置用リチウムイオン蓄電池システム(以下、「対象システム」といいます。)を設置した方に補助金を交付します。

住宅用太陽光写真

新着情報

平成29年度住宅用太陽光発電システム等設置費補助制度の内容について掲載しました。

昨年度の制度との主な変更点

補助対象に定置用リチウムイオン蓄電池システムを追加しました。

交付要綱と申請の手引き

補助金申請をする方は、必ず交付要綱及び申請の手引きを確認の上、申請書類をご用意ください

渋川市住宅用太陽光発電システム等設置補助金交付要綱(PDF形式 252キロバイト)

渋川市住宅用太陽光発電システム等設置補助金申請の手引き(PDF形式 681キロバイト)

(注意)昨年度と申請書様式が変更しています。必ず、新しい様式で申請してください(昨年度の申請書で用意された場合は、受付が出来ません。)。

補助対象者

補助の対象者は、次のいずれにも該当する人です。

  • 市民である人
  • 本市市税の滞納がない人
  • 対象システムの設置費用を負担した人
  • 電力会社と電力受給契約を締結した人
  • 対象システムについて、他の本市補助金の交付を受けていない人

補助対象

補助対象は、次に掲げるものとし、各対象システムの要件を全て満たすものです。

住宅用太陽光発電システム

設置する住宅の要件

既築住宅で、補助金申請者が対象システムの工事契約日以前に居住を開始しているものであること。

(補足)住宅とは、自ら居住し、その人の住民票に記載されている住所にある建築物をいい、居住部分が過半を占める店舗等との併用建築物も含みます。ただし、賃貸住宅や別荘などとして一時的に使用する場合や、申請者が居住せず、賃貸や販売などの営利目的の建築物は除きます。

設置する機器の要件

  • 住宅の屋根等への設置に適した低圧配電線と逆潮流有りで連系しているもの
  • 太陽電池の最大出力が10キロワット未満であること。
  • 設置前において、使用されていないこと。
  • 対象システムで発電した電力が、当該住宅用太陽光発電システムを設置した住宅の居住部分で使用されていること。

定置用リチウムイオン蓄電池システム

設置する住宅の要件

既築住宅又は居住するために建築又は購入した住宅であり、かつ、補助金申請時に居住を開始しているものであること。

設置する機器の要件

  • 定置用リチウムイオン蓄電池で、蓄電池部と電力変換装置がシステムとして一体的に構成されているもの
  • 蓄電容量の合計が1キロワットアワー以上であること。
  • 平成29年4月1日以降に対象システムの工事契約を締結していること。
  • 設置前において、使用されていないこと。
  • 市の補助要件を満たす住宅用太陽光発電システムが設置されている住宅へ新たに蓄電池を設置又は住宅用太陽光発電システムとともに蓄電池を設置し、常時住宅用太陽光発電システムと接続していること。

申請の受付

  • 受付期間は、平成29年4月3日(月曜日)から平成30年3月30日(金曜日)の市役所開庁日です。
  • 受付時間は、午前8時30分から午後5時15分までです。
  • 本庁舎2階環境課窓口へ申請書類一式を持参してください。郵送での申請は受付いたしません
  • 申請書の日付けは、未記入でお持ちください。また、申請書に押印した印鑑の持参をお勧めします。
  • 窓口にて、申請書類等の不備がないかを確認します。時間に余裕を持ってお出かけください。
    なお、書類等に不備があった場合は、申請書類一式を返却します。不備等を直した上で、再度申請してください。
  • 予算額に達した場合は、受付期間内であっても受付を終了します。

申請の期限

設置工事完了日(電力受給を開始した日)から6か月以内

補助金額

補助金額は、対象システムにより異なります。

補助金額一覧表

対象システム 補助単価 上限額
住宅用太陽光発電システム 1キロワット当たり20,000円 70,000円
定置用リチウムイオン蓄電池システム 1キロワットアワー当たり15,000円 70,000円

(注意)最大出力は小数点以下2桁未満切り捨て、補助金額は千円未満の端数切り捨てです。

申請に必要な書類

交付申請は、各対象システムを設置した住宅につき各1回限りです。

また、当該システムについて、補助金の申請をしたことがある方は、他の住宅において再度申請することはできません。

申請をする方は、次の必要書類をご用意ください。
なお、申請書作成等にあたっては、「申請の手引き」を必ずご覧ください。

申請書

昨年度と申請書様式が変更しています。必ず、下記のうちいずれかの様式を使用してください。

補助金交付申請書兼実績報告書(様式第1号)(PDF形式 103キロバイト)

補助金交付申請書兼実績報告書(様式第1号)(ワード形式 21キロバイト)

添付書類

共通して必要となるもの

  1. 対象システムの工事請負契約書の写し
  2. 対象システムの領収書の写し
  3. パワーコンディショナ型式名と製造番号が確認できる資料(銘板の写真、保証書の写し又は検査成績証の写し)
  4. 申請者の住民票(交付後3か月以内のもの)
  5. 申請者の市税に未納額のないことを示す証明書(発行後1か月以内のもの)
  6. 補助対象経費の項目別金額が確認できる書類(工事明細書等) (工事請負契約書で確認できないとき)
  7. その他市長が必要と認めるもの
  8. 増設分に対する申請をする方は、同意書をあわせてご提出ください。(市から電力会社へ電力購入を開始した日を確認するために必要な書類です。)同意書(参考様式)(PDF形式 40キロバイト)

住宅用太陽光発電システムの申請に必要となるもの

  1. 電力会社との電力受給契約の内容が確認できる書類及び電力購入を開始した日を証する書類の写し
  2. 出力対比表の原本の写し
  3. システム配置図の写し(写真でモジュール枚数が確認できないとき)
  4. 太陽電池モジュールを設置した建物全体写真、太陽電池モジュールの設置写真及び連系点建物全体写真

定置用リチウムイオン蓄電池システムの申請に必要となるもの

  1. 定置用リチウムイオン蓄電池の蓄電容量が確認できる書類の写し(工事請負契約書で確認できないとき)
  2. 設置箇所の位置図
  3. 定置用リチウムイオン蓄電池を設置した建物全体写真及び定置用リチウムイオン蓄電池の設置写真
  4. 定置用リチウムイオン蓄電池型式名と製造番号が確認できる書類(銘板の写真又は保証書の写し)

チェックシート

申請する前に、チェックシートで申請書記入内容や必要書類の確認をしてください。また、申請書とあわせて提出してください。

(注意)昨年度のチェックシート様式と異なります。

定期報告

補助金の交付を受けた方は、発電量や売買電力量などを「定期報告書」に記入いただき、6か月ごとに提出していただきます。

定期報告書(様式第4号)(PDF形式 43キロバイト)定期報告書(様式第4号)(エクセル形式 30キロバイト)

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市市民部環境課環境政策係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2114
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。