家庭系パソコンの回収・リサイクル

最終更新日 2016年12月26日

ページID P001181

印刷

使用されなくなったパソコンは、「資源有効利用促進法」に基づき、製造メーカーによる回収とリサイクルが義務づけられています。不燃ごみや粗大ごみとして集積所へは出せません。また、清掃センターでも受け入れできません。

対象となるパソコン

一般家庭で使用されていた次のパソコンが対象となります。

  • デスクトップ型パソコン(本体)
  • 表示装置一体型パソコン
  • ノートブック型パソコン
  • ブラウン管(CRT)式表示装置液晶式表示装置

なお、製品に同こんされていたキーボード、マウス、テンキーなどの付属装置も回収の対象です。

周辺機器、ワープロ専用機、携帯情報端末、個人情報端末は対象外となります。

パソコン等の回収方法

拠点回収場所に持ち込む場合

市では、小型家電リサイクル法の施行に伴い、製造メーカーの回収と並行して回収ボックス(縦15センチメートル×横31センチメートル)による拠点回収を行っています。(新しいウインドウが開きます)

  • 回収ボックスに入る製品は、回収ボックスに入れてください。
  • 回収ボックスに入らない製品も回収できます。持参したときは、市役所本庁舎の「案内」または各行政センター窓口に声をおかけください。

拠点回収場所

市役所本庁舎、第二庁舎、伊香保行政センター、小野上行政センター、子持行政センター、赤城行政センター、北橘行政センター

製造販売メーカーに回収を依頼する場合

平成15年9月30日までに購入した場合

  1. 製造販売メーカーに回収を申し込む(企業の受付窓口はホームページなどで公開しています。)
  2. メーカーから「回収再資源化料金」の支払い書類が送付されてくるので、所定の方法で支払う
  3. メーカーが支払いを確認後、専用の「ゆうパック伝票」を送付してくるので、簡易こん包したパソコンにちょう付して郵便局に持参するか、集荷を依頼(無料)する
  4. 「ゆうパック」で、メーカーの再資源センターに運ばれる

平成15年10月1日以降に購入し、社団法人電子情報技術産業協会が定めた「PCリサイクルマーク(JPG:4KB)」がちょう付されている場合

  1. 製造販売メーカーに回収申込をする(販売価格に回収再資源化料金が加算されています)
  2. メーカーから「ゆうパック伝票」が送付されてくるので、こん包にちょう付して郵便局に持参するか、集荷を依頼(無料)する
  3. 「ゆうパック」で、メーカーの再資源センターに運ばれる

回収するメーカー等がないパソコン(自作倒産メーカーのパソコンなど)

一般社団法人パソコン3R推進協会が有償で回収再資源化します。

回収再資源化料金

再資源化料金表

種別

リサイクル料金(消費税込)

  • デスクトップパソコン
  • ノートパソコン
  • 液晶ディスプレイ
  • 液晶ディスプレイ一体型パソコン

4,320円/台

  • CRTディスプレイ
  • CRTディスプレイ一体型パソコン

5,400円/台

(補足)平成28年11月時点での回収再資源化料金は、上表のとおり示されています。

こん包の大きさ

ゆうパックのこん包の大きさは、次のとおりです

大きさ(縦+横+高さ)=1.7メートル以下

重さ=30キログラム以下

お問い合わせ先

市民部環境課 直通電話番号 0279-22-2114

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市市民部環境課生活環境係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2114
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。