新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免について

最終更新日 2020年7月3日

ページID P007504

印刷

新型コロナウイルス感染症の影響による事業の休廃止、失業等の理由により収入が減少したことで保険料を納めることが困難になるなど、一定の要件に該当する場合、申請により保険料の減免が受けられます。

後期高齢者医療保険料減免等リーフレット(PDF形式 2,148キロバイト)

減免の対象となる方

保険料の減免の対象となるのは、次の1または2のいずれかに該当する方です。

ご自身が減免の対象となるかどうかの目安として、 次の簡易判定フローチャートを参考にしてください。

後期高齢者医療保険料減免簡易判定フローチャート(PDF形式 117キロバイト)

1 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯の方

(補足)重篤な傷病とは,1ヶ月以上の治療を有すると認められるなど,新型コロナウイルス感染症の病状が著しく重い場合をいいます。 

2 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入等の減少が見込まれる世帯の方

主たる生計維持者の事業収入等の減少が見込まれる世帯の方で、次の(1)から(3)の全てに該当する方です。

(1)主たる生計維持者の令和2年中の事業収入等(事業収入,不動産収入,山林収入,または給与収入) のいずれかが、令和元年中の当該事業収入等の額に比べて10分の3以上減少する見込みであること

(補足)保険金、損害賠償等により補填されるべき金額がある場合は、収入の減少額から除きます。

(補足)年金・株式の配当・譲渡・一時所得など、上記事業収入等以外の収入の減少は対象外です。

(2)主たる生計維持者の令和元年中の所得の合計額が1,000万円以下であること

(3)主たる生計維持者の減少が見込まれる事業収入等に係る所得以外の令和元年中の所得の合計額が400万円以下であること。

対象となる保険料

令和2年2月1日から令和3年3月31日までに納期限が設定されている令和元年度と令和2年度の保険料です。

保険料の減免額

1 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯の方

対象となる保険料の全額が免除されます。

2 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入等の減少が見込まれる世帯の方

対象となる保険料の一部が減免となります。

保険料の減免額  

保険料の減免額 は、【 表1】で算出した減免対象保険料額に、【表2】の所得に応じた減免割合をかけて計算します。

 保険料の減免額  = 【表1】減免対象保険料額(A×B/C) × 【表2】減免割合(D) 

【表1】減免対象保険料額(A×B/C)
被保険者の令和2年度保険料額        
B

主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る令和元年中の所得額

(補足)減少することが見込まれる事業収入等が2つ以上ある場合は、その合計額となります。

C 被保険者の属する世帯の主たる生計維持者及び当該世帯に属するすべての被保険者につき算定した令和元年中の所得の合計額
【表2】減免割合(D)
主たる生計維持者の令和元年中の所得の合計額 減免割合
   300万円以下    10分の10
   400万円以下    10分の8
   550万円以下    10分の6
  750万円以下   10分の4
1,000万円以下 10分の2

(補足)主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合には、令和元年中の所得額にかかわらず、減免割合は10分の10となります。

申請・問い合わせ

7月中旬にお送りする令和2年度後期高齢者医療保険料通知がお手元に届いてから、保険年金課国保年金係までお願いします。 

(補足)お問い合わせ等の集中により窓口や電話が混雑し、長時間お待ちいただくことが予想されます。ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、皆様のご理解とご協力をお願いします。  

申請書類

1 後期高齢者医療保険料減免申請書

 (保険料減免申請書(PDF形式 54キロバイト)保険料減免申請書(ワード形式 13キロバイト)保険料減免申請書(記載例)(PDF形式 119キロバイト)

2 添付書類

   減免理由に応じた添付書類が必要となります。

   (補足)状況により、追加資料の提出お願いする場合がありますので、ご了承下さい。

(1)新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯の方

   ・医師による死亡診断書や診断書等

(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入等の減少が見込まれる世帯の方

 ・後期高齢者医療保険料収入申立書

 (収入申立書(PDF形式 59キロバイト)収入申立書(ワード形式 15キロバイト)収入申立書(記載例)(PDF形式 144キロバイト)) 

 ・主たる生計維持者の令和元年中の収入がわかるもの(源泉徴収票、確定申告書の控え、給与明細書、 通帳、事業収支の帳簿など)

  (補足)市で収入が把握できる場合は不要です

 ・主たる生計維持者の令和2年1月から申請日直近までの収入がわかるもの(源泉徴収票、確定申告書の控え、給与明細書、 通帳、事業収支の帳簿など)

 【該当する場合は次の書類を添付してください】

 ・事業を廃止・失業したことを証明するもの(廃業届 ・離職票・退職証明など )

 ・保険金や損害賠償等により補填されるべき金額を証明するもの (保険契約書など)
  (補足)国、都道府県からの各種給付金は含まれません

注意事項

・市で申請書類を受付・確認した後、群馬県後期高齢者医療広域連合へ送付し、広域連合において審査・決定されます。申請の状況により減免の可否の決定に時間がかかる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

・要件に該当する方であっても、世帯の主たる生計維持者の令和元の所得額が0円など、所得状況等により、減免の対象とならない場合があります。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市スポーツ健康部保険年金課国保年金係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2429
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。