「ふるさと納税の対象となる地方団体」として指定を受けました

最終更新日 2019年7月17日

ページID P006671

印刷

渋川市は、令和元年5月14日付けで、総務大臣から「ふるさと納税の対象となる地方団体」として指定を受けました。

この指定により、渋川市へのふるさと納税は、これまでどおり所得税と住民税の控除の対象となります。

今後とも、渋川市への温かい応援をよろしくお願いいたします。

指定期間

令和元年6月1日から令和2年9月30日まで

ふるさと納税の指定制度とは

地方税法等の一部を改正する法律の成立により、ふるさと納税の新しい制度が創設されました。(6月1日から開始)

この制度は、寄附金の適正な募集について総務大臣が定める基準に適合する自治体が、ふるさと納税(特例控除)の対象となる地方団体として指定されるものです。

ふるさと納税に係る指定制度について、詳しくは総務省のふるさと納税ポータルサイト(外部リンク)をご覧ください。

関連リンク

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市総合政策部新政策課総合政策係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2396
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。