平成30年度個人市民税・県民税納税通知書の送付について

最終更新日 2018年6月8日

ページID P001496

印刷

平成30年度の個人市民税・県民税にかかる納税通知書を順次、納税義務者の皆様にお送りいたします。通知の発送日は個人市民税・県民税の納付方法により異なります。

なお、平成30年度の個人市民税・県民税が非課税になる方にはお送りいたしません。

目次

  1. 納税通知書発送日
  2. 証明書の発行開始日
  3. 平成30年度個人市民税・県民税について

1 納税通知書発送日

給与特別徴収(給与天引き)の方

平成30年5月11日(金曜日)に勤務先にお送りいたします。

勤務先から「平成30年度給与所得等に係る市民税・県民税特別徴収税額の決定・変更通知書(納税義務者用)」がお手元に届きます。

普通徴収(納付書や口座振替での納付)及び年金特別徴収(年金天引き)の方

平成30年6月8日(金曜日)に納税義務者様宛に「平成30年度市民税・県民税納税通知書」をお送りいたします。

2 証明書の発行開始日

平成30年度(平成29年中の所得に対する)課税証明書、非課税証明書及び所得証明書の発行開始日は次のとおりです。発行開始日は、個人市民税・県民税の納付方法により異なります。

給与特別徴収(給与天引き)の方

平成30年5月14日(月曜日)

普通徴収(納付書や口座振替での納付)、年金特別徴収(年金天引き)および非課税の方

平成30年6月11日(月曜日) 

 

関連リンク

3 平成30年度個人市民税・県民税について

住民税を納める人(納税義務者)

平成30年1月1日現在、次に該当する方のうち一定額以上の所得がある場合に課税されます。したがって、1月2日以後に市外に転居された方や死亡された方についても、平成30年度分の個人市民税・県民税は渋川市で課税されます。 

納税義務者と納める住民税
納税義務者 納める住民税
市内に住所がある方 均等割額(5,700円)+所得割額
市内に住所はないが、事務所、事業所又は家屋敷のある方 均等割額(5,700円)

平成30年度の税額について

平成30年度の個人市民税・県民税は、平成29年中(1月1日から12月31日まで)に得られた所得について、次の申告書や支払報告書等に基づいて計算しています。

  • 平成29年分所得税の確定申告書
  • 平成30年度(平成29年分)市・県民税申告書
  • 平成30年度給与支払報告書(平成29年中に支払われた給与について給与支払者から提出されたもの)
  • 平成29年分公的年金等支払報告書

均等割の上乗せについて

平成26年度の課税から、「個人の市民税・県民税の税率の特例等」として、下記のとおり市民税・県民税が上乗せとなっています。

均等割の上乗せ
区分

 市民税

均等割

 県民税

均等割

合計
上乗せ前の均等割額

3,000円

1,000円

4,000円

東日本大震災からの復興を図る基本理念に基づき実施する防災施策の財源(補足)1(平成26年度から平成35年度まで10年間)

500円

500円

1,000円

ぐんま緑の県民税(補足)2

(平成26年度から平成30年度まで5年間)

0円

700円

700円

合計

3,500円

2,200円

5,700円

  (補足)1東日本大震災からの復興を図る基本理念に基づき実施する防災施策の財源を確保するために、市民税及び県民税の均等割にそれぞれ500円が上乗せされます。 

  (補足)2県民共有の財産である豊かな森林環境を適切に整備、及び保全していくための施策の財源を確保するために、県民税の均等割に700円が上乗せされます。

新たに公的年金から個人市民税・県民税の特別徴収(年金天引き)が始まる方へ

平成30年10月から新たに個人市民税・県民税を公的年金から特別徴収(年金天引き)の対象となる人には、お知らせを同封しています。 

65歳以上の年金受給者の皆さんへ 個人住民税(市県民税)の納税方法が変わります。公的年金からの特別徴収(PDF形式 197キロバイト)

ページの先頭へ戻る

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市総務部税務課市民税係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2113
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。