ゼロ市債による工事等発注時期の平準化への取組について

最終更新日 2018年3月8日

ページID P005554

印刷

渋川市では、建設業者の経営の効率化と雇用の安定を目的に、ゼロ市債を活用し、公共工事の発注時期の平準化に取り組みます。

ゼロ市債とは

市の会計は単年度会計であり、工事等の発注は原則として、新たな年度になってからの入札・契約手続となります。このため、年度当初からの工事着工は難しく、閑散期が生じており、また、年度末等に工事が集中してしまう状況にあります。そこで、施工時期等の平準化を図るため、単年度会計の例外である債務負担行為を設定し、新年度の工事等の入札・契約を前年度に行うことにより、前年度中又は新年度当初の工事着工を可能とするものです。債務負担行為を設定する年度には、前払金等の支出はなく(ゼロ)、翌年度以降の支出となることから、「ゼロ市債」と言われています。

発注方法について

通常の建設工事と同様に、ぐんま電子入札共同システムにより発注します。

なお、ゼロ市債の案件については、工事名に(ゼロ市債)と明記します。

支払について

ゼロ市債を活用した工事の前払金、中間前払金及び部分払の請求時期は、翌年度4月1日以降となります。

測量・設計業務委託等への準用について

工事のほか、測量・設計業務委託等の発注についても、ゼロ市債を活用し発注時期の平準化に取り組みます。

なお、発注方法・支払については工事の場合と同様です。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市総務部契約検査課契約検査係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2369
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。