障害者の法定雇用率引き上げについて

最終更新日 2019年4月22日

ページID P001959

印刷

すべての事業主は、法定雇用率以上の割合で障害者を雇用する義務があります(障害者雇用率制度)。

この法定雇用率が平成30年4月1日から以下のように引き上げられます。

また、今回の法定雇用率の変更に伴い、障害者を雇用しなければならない事業主の範囲が、従業員50人以上から従業員45.5人以上に変わります。

特に従業員45.5人以上50人未満の事業主の皆様はご注意ください。

平成30年4月1日からの変更点

  • 障害者雇用率/現行:2.0パーセントから2.2パーセント
  • 対象となる事業主の範囲/現行:従業員50人以上から従業員45.5人以上
  • 令和3年4月までには更に0.1%引き上げとなります。

関連リンク

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市産業観光部商工振興課産業振興係

渋川市石原6番地1
電話番号 0279-22-2596
ファクス番号 0279-22-2132
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。