お知らせ:サテライトオフィス誘致促進補助金の受付開始について (令和2年10月1日開始)

最終更新日 2020年9月15日

ページID P007646

印刷

ICT(情報通信技術)を活用した、時間や場所に捉われないテレワークなど、企業が取り組む多様な働き方の促進、地域経済の活性化を図るとともに市内空き物件を活用したサテライトオフィスを開設する企業等を支援するため、設置にかかる費用の一部を補助します。

詳細については以下のとおりです。

令和2年10月1日から受付を開始します。サテライトオフィスの設置を検討している方は、事前にご相談ください。

申請に必要な様式などは準備ができましたら、本ページに掲載します。

補助対象者

サテライトオフィスとして開設することを目的に、自らが市内の空き物件を改修、整備する法人及び個人事業主で以下の要件(1)、(2)、(3)を満たす者

(1)市内の空き物件を賃貸または取得すること。

(2)サテライトオフィスとして3年以上運用することを誓約すること。

(3)サテライトオフィスの設置に当たり、建築基準法の規定及び建築基準法施行令第9条に掲げる建築基準法関係規定に違反しないこと

注意 上記の要件(1)、(2)、(3) を満たす者であっても、以下の要件のいずれかに該当する者は対象となりません。

○渋川市暴力団排除条例第2条第1号又は第2号に規定する暴力団員等

○風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項に規定する風俗営業を行う者

○連鎖販売取引、訪問販売、電話勧誘販売、その他これらに類する方法により物品の販売、役務の提供その他の行為を行う者

○貸金業を行う者

○法令及び公序良俗に違反している者

○サテライトオフィスを政治活動又は宗教活動に利用しようとする者

補助対象経費

空き物件をサテライトオフィスとして利用すために必要な改修費

例 インターネット環境整備費

  電気・電話配線整備費

  照明・空調・セキュリティ関連機器等整備費

  固定式間仕切り・衝立等設置費

注意 パソコン、机、椅子といった備品類の購入は補助対象経費に含まれません。

補助金額

補助対象経費の2/3(上限100万円)

1,000円未満の端数が生じる場合は、端数を切り捨てる

申請方法

空き物件を改修整備を行う21日前までに補助金交付申請書に必要書類を添えて、市商工振興課に提出してください。(郵送不可)

注意 令和2年度内(令和3年3月31日まで)に事業を完了する必要があります。

必要書類

(1)事業計画書(改修工事に対する空き物件所有者の同意があるもの)

(2)整備に要する経費の見積書及び明細書の写し

(3)空き物件の賃貸借契約書または土地建物売買契約書の写し

(4)誓約書

(5)建築基準適合確認報告書

(6)建築確認申請書の写し、配置図、平面図、立面図、現況写真、設置計画図面など必要に応じた図面

(7)その他必要となる書類

申請受付の開始

令和2年10月1日(木)から受付を開始します。

問い合わせ先 担当部署

市商工振興課産業立地推進室

電話 0279−22−2596(課直通)

メール kougyou@city.shibukawa.gunma.jp

 

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市産業観光部商工振興課

群馬県渋川市石原6番地1
電話番号 0279-22-2111
ファクス番号 0279-22-2132
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。