渋川市赤城農畜産物加工研修所

最終更新日 2017年12月21日

ページID P003976

印刷

地域で生産される農畜産物を加工することによる地産地消と農業6次産業化の推進、業務用機械に対する理解を深めるための、市民の加工研修施設です。

1 施設の概要

所在地

渋川市赤城町北上野462-2(渋川市赤城総合運動自然公園の北東)

設置

平成5年3月

構造

木造平屋建、200.4平方メートル

主な業務用機械

  • 圧力煮釜
  • みそ漉し器
  • 糀発酵機
  • 回転釜
  • 攪拌機
  • 圧力式絞り機
  • 半自動ビン詰機

渋川市赤城農畜産物加工研修所の写真

渋川市赤城農畜産物加工研修所

加工研修所(平面図)

加工研修所内(平面図)

2 施設利用について

加工できるもの(利用の目安)

加工品

材料

加工室

加工期間

加工室使用料

みそ

米、大豆、塩、糀菌

第1加工室

3日

2,080円

合わせみそ

米、大麦、大豆、塩、糀菌

第1加工室

3日

2,600円

おなめ

大豆、大麦、たれの材料

第1加工室

第3加工室

3日

3,120円

ソーセージ

肉、腸、スパイス

第1加工室

第3加工室

1日

1,040円

ジュース

果物、ビン

第2加工室

第3加工室

1日

1,040円

豆腐

大豆、にがり

第3加工室

半日

520円

(補足)材料は持ち込みとなりますので、別途材料費が必要です。

(補足)その他加工品についてはご相談ください。

みその仕込みの写真

みその仕込み

手作りソーセージの写真

手作りソーセージ

利用時間と使用料

区分

時間

金額

備考

第1加工室

第2加工室

第3加工室

午前の部

9時から13時

520円

17時以降、1時間につき100円加算

午後の部

13時から17時

520円

(補足)休所日:12月28日から翌年1月5日まで

3 利用申請

申請場所

加工研修所では利用申請できません。お手数ですが農林課までお越しください。

・渋川市農林課(第二庁舎、渋川市石原6-1)

申請日時

8時30分から17時15分まで(土日祝日を除く)

申請開始

利用2か月前の毎月1日から(閉庁日は翌日)

(補足)例 12月20日に利用する場合は10月1日から受付を開始します。

(補足)使用料納入で受付となりますので窓口までお越しください。(電話予約は不可)

利用対象

3人以上の市民(2人以下または市外の方は利用不可)

使用料

申請時に納入

(補足)キャンセルによる使用料の返金はできませんのでご注意ください。

4 注意事項

  • 食品衛生法の許可がないため、当研修所の加工品は販売できません。
  • 毎月1日の申請は大変混雑します。来庁順に受付しますが、時間に余裕をもってお越しください。
  • 業務用機械を操作する時は、管理人の指示を厳守してください。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き渋川市のサイトを離れます)が必要です。

地図

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市農政部農林課流通係

群馬県渋川市石原6番地1
電話番号 0279-22-2593
ファクス番号 0279-22-2132
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。