渋川市の行政評価について

最終更新日 2020年9月30日

ページID P002113

印刷

行政評価とは

行政評価には様々な考え方がありますが、一般的には、「行政活動を統一的な視点から評価することで、実施上の問題点を洗い出し、問題解決のための改善策を検討し、事業計画に反映させていくこと。」をいいます。その大まかな流れは、以下のとおりです。

  1. 毎年度の行政活動
  2. 行政評価の実施、問題点の洗い出し
  3. 改善策を検討
  4. 翌年度の事業計画へ反映
  5. 翌年度の行政活動

行政活動は、毎年度、1 PLAN(計画)、2 DO(実行)、3 CHECK(検証)、4 ACTION(改善)(以下、PDCAサイクルという。)という行政経営のサイクルを回していくことが重要とされています。行政評価は、PDCAサイクルによる行政活動を確実に行うため、施策の目標や対象、意図、手段から行政活動の構造を再考し、行政活動が「本当に市民にとって必要なものか」「取り巻く社会状況の変化に対応しているのか」「事業が当初の狙いどおりに進んでいるのか」などの視点から検証し、全庁的に事業の改革・改善を図っていく管理手法です。

これまでの取り組み

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市総務部総務課行革・内部統制係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2112
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。