在外選挙について

最終更新日 2019年4月18日

ページID P002481

印刷

海外に在住する日本国民の選挙権行使の機会を保障し、国政に参加する途を開くための制度として在外選挙制度があります。

この制度によって投票を行うためには、あらかじめ在外選挙人名簿に登録され、在外選挙人証の交付を受けている必要があります。

対象となる選挙

衆議院議員及び参議院議員の選挙

投票方法

在外公館での投票、郵便による投票、一時帰国している場合の日本国内での投票の3つの投票方法があります。

在外選挙人名簿への登録

在外選挙人名簿への登録申請は、これまで海外居住先の在外公館で登録申請(在外公館申請)を受け付けていましたが、平成30年6月1日からは、在外公館申請のほか、国外への転出届を提出する際に、国内の最終住所地の市区町村の選挙管理委員会でも登録申請(出国時申請)できるようになりました。

 

(1)在外公館申請

 在外公館にて申請できるのは、満18歳以上の日本国民で、引き続き3カ月以上その住所を管轄する領事官の管轄区域内に住所を有する人です。

 申請の手続きについては、管轄の領事官にお問い合わせください。

 

(2)出国時申請

 渋川市で出国時申請できるのは、満18歳以上の日本国民で、渋川市の選挙人名簿に登録されている人です。

 申請が可能な期間は、国外転出届の提出日から転出届に記載された転出予定日当日までの間です。

 パスポートや運転免許証等の公的機関が発行する身分証明書を必ずお持ちください。

 (補足1)期間内に申請できない人は在外公館で申請できます。

 (補足2)期間内であれば代理人でも申請が可能ですので、選挙管理委員会(総務課)にお問い合わせください。

 

 

 

 

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市選挙管理委員会

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2334
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。