このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
渋川市観光情報トップ観光温泉・宿泊公共の宿> ワーケーションの推進を行っています

ワーケーションの推進を行っています

 
ワーケーション上ノ山公園展望デッキ伊香保露天風呂
伊香保伊香保ロープウェイ伊香保リンク
   渋川市では、ワーケーションの推進を行っています。「ワーケーション」とは「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語で、観光地やリゾート地で働きながら休暇をとる過ごし方のことをいいます。新しい温泉地の活用方法として、ご利用ください。

ウィズコロナ・アフターコロナに対応した渋川市の取り組み

1、ワーケーション受入環境整備費用を補助
「ワーケーション」を推進するため、市内の宿泊施設が取り組むワーケーションの受入環境を備するための費用の一部を補助。
(補足)宿泊施設がワーケーションを誘致することで、平日や閑散期の交流人口の増加や地元での消費に伴う経済振興につながる。
(1)Wi-Fi等の無料公衆無線LANの整備
(2)ワーケーション環境整備に係る備品購入

2、サテライトオフィスの開設経費を補助
ICT(情報通信技術)を活用した、時間や場所にとらわれないテレワークなど、企業が取り組む多様な働き方の促進及び地域経済の活性化を図るため、市内空き物件等の活用を促すとともに誘致し、企業等の拠点事務所から離れた場所に従業員がテレワーク等により、業務を行うサテライトオフィスの開設に必要な改修費の一部を支援。
(補足)空き物件などサテライトオフィス化するために必要な改修費(例:インターネット環境整備費、電話回線、電気配線工事費、照明、空調、セキュリティ関連機器の整備費など)

伊香保温泉での取り組み

1、「ワーケーション」を誘致
温泉総選挙事務局と連携し、平日の温泉地でのワーケーション(温泉Biz)の推進
  • 温泉総選挙サイトでの参加温泉地(伊香保温泉)紹介及び戦略的PRを実施
  • 大手企業に温泉Bizに参加してもらい温泉地でのワーケーションを推進
  • 啓発イベントの実施

2、「ステイケーション」を推進
ワーケーション・ステイケーションの推進で関係人口を創出
ワーケーションを推進するとともに長期宿泊滞在の拡大により「関係人口」を創出し、地域の活性化と観光産業の活性化を図るため、近場で休暇を過ごしてもらう「ステイケーション」の推進に向けた取り組みを開始します。

3、「アフターコロナに向けたインバウンド戦略」を推進
アフターコロナに向けたインバウンド受入環境整備
インバウンドの来訪・滞在促進を目的に地元の食材を活用したベジタリアン・ヴィーガンのモデルメニューの開発及び提供など、アフターコロナに向けた受入環境整備の取り組みを進めるとともに、国内在住の外国人に向けた誘客宣伝を行い、関係人口の増加を図ります。
 

対象施設

ホテルいかほ銀水、いかほ秀水園、一富士ホテル、お宿かつほ、かのうや、岸権旅館、ホテルきむら、香雲館、
古久家旅館、山陽ホテル、Stay View IKAHO、晴観荘、千明仁泉亭、塚越屋七兵衛、ホテル天坊、ひびき野、
福一、ホテル松本楼、洋風旅館ぴのん、横手館

その他

詳しくはチラシをご確認ください。

ワーケーション推進チラシ_omoteワーケーション推進チラシ_ura


 

掲載日 令和3年4月1日 更新日 令和3年6月22日
アクセス数
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
産業観光部 観光課 観光振興係
住所:
〒377-0007 群馬県渋川市石原6番地1
電話:
0279-22-2873
FAX:
0279-22-2132
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています