このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ健康・医療・福祉福祉高齢者福祉> 紹介します!コロナ禍の『わたしの「お達者自慢」』

紹介します!コロナ禍の『わたしの「お達者自慢」』

コロナ禍でおうち時間が長くなっていますが、体調を崩しやすくなっていませんか?
外出自粛などがもたらす健康への影響調査によると、高齢者では「5人に1人が外出機会減少」「会話量が減っている」「食の偏り」等の問題がみえてきました。また、その他の世代層でも「1日の歩数が3000歩以上減少した」等の結果があり、生活習慣病の悪化やフレイル(虚弱)のリスクが高まることが危惧されます。これまで以上に、自分のための健康づくりや介護予防の取り組みが重要になっています。
そこで市民のみなさんに「お達者自慢」として、コロナ禍でも毎日を気持ちよく、いきいきと過ごす方法をお寄せいただきました。40歳から90歳の「お達者さん」達が教えてくれた元気の秘訣を一部ご紹介します。

お達者自慢

とにかく動いて健康維持

  • 自分のペースで「ぐんぐん体操」やダンベル体操をする
  • 簡単な掃除、草むしりで体を動かす
  • ストレッチ、グランドゴルフ

暮らしの流れに取り入れ習慣にする

  • 離れて暮らす家族とモーニングコールと夕暮れコールで楽しく会話
  • 毎日朝や夕方など自分時間を見つけて散歩する
  • ラジオ体操やテレビ体操の時間に合わせて体操する

笑顔を忘れずながらで◯◯

  • テレビの歌番組に合わせて一緒に歌って楽しく
  • 地域の活動では、体操だけでなく、マスクと笑顔と距離を保って会話も楽しむ

お口も頭も忘れず動かして

  • 一人時間を活用して、「ずぅ~っと食べ体操」
  • 雑誌や新聞の脳トレにチャレンジ

食生活にも気を配って

  • 家庭菜園でできた野菜を使って栄養バランスを考えて調理
  • よくかんで食べ過ぎ、飲みすぎ注意

自宅でできる体操を紹介しています

  「ぐんぐん体操」など、楽しくできる健康づくりを、説明書や動画を紹介しています。説明書やCD・DVDは、介護保険課で配布しています。
動画は下記リンクから見ることができます。

赤城健康公園

 昨年、安心して運動が行える場所として、赤城健康公園(赤城町宮田850ー15)をリニューアルしました。
健康遊具とウォーキングコースを活用して、楽しく健康づくりができます。

 

 

 


掲載日 令和3年3月15日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
スポーツ健康部 介護保険課 健康寿命推進係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-2116
FAX:
0279-24-6541
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています