このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ健康・医療・福祉健康・医療感染症・病気> 新型コロナウイルスワクチン接種(1・2回目接種)の概要について

新型コロナウイルスワクチン接種(1・2回目接種)の概要について

新型コロナウイルスワクチンの3回目接種の関係は、こちらのページをご覧ください。

最新の接種状況(令和3年11月14日現在)

市全体の新型コロナウイルスワクチン接種率

年代別の接種率
区分 対象人口(人) 1回目接種率(%) 2回目接種率(%)
12~19歳 5,115 74.9 72.9
20歳代 6,479 81.2 79.3
30歳代 7,170 79.6 78.5
40歳代 9,790 85.1 84.2
50歳代 9,707 89.2 88.5
60歳代 11,596 89.4 88.7
70歳代 11,426 95.9 95.4
80歳代 6,698 94.3 93.3
90歳代以上 2,017 94.7 92.7
(補足)人口は、令和3年1月1日現在の住民基本台帳から抽出

ワクチン接種の最新情報

ぐんまワクチン手帳について

 県では、10月13日から「ぐんまワクチン手帳」の発行を始めました。これは、新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた本人の接種の事実をスマートフォンなどに表示するもので、紙の接種済証や接種記録書と同じ事実を表示させるものです。紙の接種済証などと異なり、紛失の恐れが少ないため、持ち運びや掲示するのに便利です。詳しくは、「ぐんまワクチン手帳」のページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)の発行について

  7月26日(月曜日)から、各国への入国時の防疫措置の緩和などのために提示する「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)」を申請に基づき交付します。詳しくは、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)の発行について」のページをご覧ください。

武田/モデルナ社ワクチンを接種予定の10代及び20代の男性(若年男性)へ

  • 10月15日に開催された国の部会において、10代及び20代の男性(若年男性)については、新型コロナウイルスに感染した場合に合併して発症する心筋炎等の発生頻度よりは低いものの、ファイザー社ワクチンに比べ武田/モデルナ社ワクチンの接種後に生じる心筋炎等の発生頻度が高いことから、1回目にモデルナ社ワクチンを接種した方も、2回目にファイザー社ワクチンの接種を選択することができるとの見解が示されました。詳しくは、pdf令和3年10月15日厚生労働省発出資料(pdf 561 KB)をご覧ください。
  • 県央ワクチン接種センターなどで、1回目にモデルナ社ワクチンを接種した方で、2回目にファイザー社ワクチンの接種を希望する方は、市コールセンター(TEL050-8882-6271・受付時間:午前8時30分~午後7時)に相談してください。

10月以降の個別接種について

  これまで毎週行ってきた個別接種は、9月26日の接種をもって新規予約の受付をいったん終了しました。10以降は、12歳に到達した人を中心に個別接種を実施します。
  詳しくは、個別接種(新型コロナウイルスワクチン接種)の最新情報(新しいウィンドウが開きます)をご覧ください。

2回目の接種が済んでいない人へ

   何らかの理由で2回目のワクチン接種をすることができなかった人は、個別接種を行ってる医療機関で2回目の接種ができます。接種を希望する人は、直接医療機関に予約してください。医療機関は、個別接種(新型コロナウイルスワクチン接種)の最新情報(新しいウィンドウが開きます)でご確認ください。

ワクチン接種を希望される妊婦の皆さまへ

  妊娠中の人でも、ワクチンを接種することができます。妊娠後期に新型コロナウイルスに感染した場合に重症化しやすくなるといわれていることから、ワクチン接種については、メリットがデメリットを上回ります。
  接種の際の予診票には、「現在妊娠している可能性はありますか。または授乳中ですか。」という質問がありますので、「はい」にチェックし、あらかじめ、かかりつけ医に接種の相談をしてください。かかりつけ医から、接種してよいと言われれば、その旨を接種会場の問診医に伝えて接種を受けてください。詳しくは、下記通知をご覧ください。
pdf令和3年8月14日付 日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会、日本産婦人科感染症学会「新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて(第2報)(pdf 197 KB)

接種スケジュール

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種については、国の指示のもと、都道府県の協力により、市町村において実施することとなっています。
本市では、国から示されている内容に基づき、次のとおり実施する予定です。
なお、今後のワクチンの供給量・供給時期等によっては、見直しとなる可能性があります。
(令和3年7月1日現在)接種の対象となる全ての人に、接種券(クーポン券)を発送しています。

接種開始時期など

渋川市内での接種開始時期等
接種順位 対象者 接種券
(クーポン券)
発送時期
接種開始時期
1 医療従事者等
新型コロナウイルス感染症患者に直接医療を提供する施設の医療従事者等
2月中旬以降
2 高齢者のうち75歳以上の人
令和3年度中に75歳に達する、昭和22年4月1日以前に生まれた人
4月9日 4月24日から
高齢者のうち70歳以上74歳以下の人
令和3年度中に70歳から74歳に達する、昭和22年4月2日から昭和27年4月1日に生まれた人
6月1日 6月14日から
高齢者のうち65歳以上69歳以下の人
令和3年度中に65歳から69歳に達する、昭和27年4月2日から昭和32年4月1日に生まれた人
6月1日 6月28日から
3 基礎疾患を有する人
令和3年度中に65歳に達しない人であって、以下の病気や状態の人で、通院/入院している人
  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
基準(BMI30以上)を満たす肥満の人
6月16日 6月17日から
4 高齢者施設等の従事者
高齢者等が入所・居住する社会福祉施設等において、利用者に直接接する職員
5月2日から
5 接種順位1から3以外の人
(ワクチンの供給量・時期等によっては、年齢により接種時期を、細分化する可能性あり)
6月16日 6月17日から
(補足)妊娠を考えている人や妊娠中の人、授乳中の人、新型コロナウイルスに感染したことがある人も、ワクチンを受けることができます。まずはかかりつけの医療機関にご相談ください。詳しくは、厚生労働省ホームページQ&A(新しいウィンドウが開きます)をご覧ください。

ワクチン接種の方法・費用など

ワクチンの接種方法

ワクチン接種は、事前予約制で、集団接種(市民会館での接種)と個別接種(医療機関での接種)を実施します。接種の最新情報(予約方法)は、下記ページをご確認ください。
(補足)接種方法により、予約方法が異なりますので、ご注意ください。
集団接種(新型コロナウイルスワクチン接種)の最新情報(新しいウィンドウが開きます)
個別接種(新型コロナウイルスワクチン接種)の最新情報(新しいウィンドウが開きます)

予約のキャンセル方法について

体調不良などにより、予約をキャンセルする場合は、
   予約専用電話:050-8882-6271   受付時間:午前8時30分~午後7時(土・日曜日、祝日も対応)に電話してください。
(補足1)1回目の予約をキャンセルし、後日接種したい場合は、改めて予約を取り直してください。なお、改めて予約する場合は、キャンセル処理完了後に予約可能となるため、即日予約することはできません。
(補足2)2回目の予約をキャンセルした場合は、2回目だけの予約の受け付けをしていないため、新型コロナウイルスワクチン接種対策室で接種日・場所を調整し、後日連絡します。なお、空き枠で調整するため、「1回目接種と同じ時間・場所」「1回目接種の3週間後」に接種できるわけではありません。

接種費用

無料

接種回数

2回(ファイザー社のワクチン)

住所地外接種について

  新型コロナウイルスワクチン接種については、原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととしていますが、やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期滞在している方は、接種を行う医療機関などが所在する市町村に事前に「住所地外接種届」の届出を行い、その市町村が発行する「住所地外接種届出済証」を持参すれば、接種することができます。
  渋川市に住民票のない方が、渋川市内でワクチン接種を受ける場合は、事前に渋川市に「住所地外接種届」を届出する必要があります。

申請対象者

渋川市以外に住民票があり、渋川市内の医療機関で接種を希望する方
渋川市へ届出が必要な方
  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • DV、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  • その他市長がやむを得ない事情があると認める方
渋川市へ届出が不要な方
  • 入院・入所者
  • 基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
  • 災害による被害にあった方
  • 勾留または留置されている方、受刑者
  • 住所地外接種者であって、市町村に対して申請を行うことが困難である方

申請方法

WEBから行う
  下記URLから、コロナワクチンナビ(厚生労働省)にアクセスして、必要事項を入力の上、住所地外接種届出済証を出力してください。
(補足)住所地外接種届出済証の画面をキャプチャまたは印刷して、住民票所在地自治体から発行された接種券・本人確認書類(運転免許証など)とともに、接種会場までお持ちください。
郵送または窓口で行う
住民票のある自治体から接種券(クーポン券)が届いた後に、郵送または直接窓口で必要書類を提出してください
必要書類
  1. pdf住所地外接種届(pdf 66 KB)  
  2. 住民票のある自治体から届いた接種券(クーポン券)のコピー
提出先
渋川市 スポーツ健康部 健康増進課 新型コロナウイルスワクチン接種対策室
住所 〒377-0007 群馬県渋川市石原6番地1(第二庁舎)

ワクチン接種に関する注意事項

接種前に確認を

次のいずれかに当てはまる人は、事前にかかりつけ医などに、接種の可否について相談してください。

  • 病気治療中または経過観察中の人
  • 過去に薬や食品などで、重いアレルギー症状(アナフィラキシーなど)を起したことがある人
  • これまでに予防接種を受けて具合が悪くなったことがある人

副反応について

  接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱などがみられることがあります。こうした症状の多くは、接種後数日以内に回復しています。詳しくは、厚生労働省ホームページ(新しいウィンドウが開きます)または、下記チラシをご確認ください。
pdfファイザーを接種した方へ接種後の注意点(厚生労働省)(pdf 639 KB)

接種後の予防接種済証の保管について

  接種券の右側の予防接種済証(下図参照)は、接種が終わった後も大切に保管してください。
予防接種済証

ワクチン接種に関する相談窓口

ご相談内容により窓口をお選びください

渋川市コロナワクチンなんでも相談

相談内容
  • 新型コロナウイルスワクチン接種の制度概要等について
電話番号:050-3816-9016
(補足)電話番号の押し間違えによる間違い電話が多発しています。よく確認してから発信してください。

受付時間:8時30分から19時まで(平日・土日祝日)
対応言語:5か国語(日本語・英語・タガログ語・ベトナム語・中国語)

ぐんまコロナワクチンダイヤル

相談内容:医学的知見が必要となる専門的なこと
電話番号:0570-783-910
受付時間:24時間(平日・土日祝日)
電話対応者:看護師
対応言語:20か国語(日本語を含む)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

相談内容:コロナワクチン施策の在り方等に関すること
電話番号:0120-761-770
受付時間:9時から21時まで(平日・土日祝日)

ファイザー社 特設コールセンター

相談内容:ファイザー社ワクチンへの具体的な問い合わせ
電話番号:0120-146-744
受付時間:9時から20時まで(平日・土曜日)

渋川市新型コロナウイルス感染症に係る予防接種実施計画

pdf渋川市新型コロナウイルス感染症に係る予防接種実施計画(表紙・目次)(pdf 50 KB)
pdf渋川市新型コロナウイルス感染症に係る予防接種実施計画(本文)(pdf 126 KB)

掲載日 令和3年11月16日 更新日 令和3年11月17日
アクセス数
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
スポーツ健康部 健康増進課 新型コロナウイルスワクチン接種対策室
住所:
〒377-0007 群馬県渋川市石原6番地1 第二庁舎一階
電話:
0279-25-1321
FAX:
0279-20-1037
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています