このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ暮らし・手続き防災・消防・安全安心消費生活の基礎知識> スプレー缶によるやけどや皮膚障害に注意!

スプレー缶によるやけどや皮膚障害に注意!

−使用時に吸い込んで呼吸困難になる事故や、廃棄処理時に引火する事故が発生ー

  夏季は、制汗剤、冷却スプレー、殺虫剤、日やけ止めなど、スプレー缶を使用する機会が多くなる時期ではないでしょうか。スプレー缶による事故は、夏季に多く発生しています。スプレー缶は、エアゾール製品と呼ばれ、ボタンを押すだけで細かい霧や泡を作り出すことができるため、生活の様々な場面で利用されています。

  しかし、噴射剤として可燃性の高圧ガスを使用していることが多いため、使い方を誤ると、爆発・火災事故につながるおそれがあります。消費者庁には、使用時に吸い込んで呼吸が苦しくなったという事故、スプレー缶を子どもが誤って目や口に噴霧してしまう事故、廃棄のときに火の近くで作業したために引火してやけどを負う事故、指に噴射液がかかり凍傷を負う事故などの情報が寄せられています。

  スプレー缶を取り扱う際には以下の点に注意することが大切です。 

使用時の注意

  1. 使用時は十分に換気し、噴射時間及び距離を守りましょう。
  2. 可燃性のガスが封入されていますので、ガスコンロや蚊取り線香など火気のある場所の近くでは使用しないでください。

保管時の注意

  1. 直射日光の当たる場所など40°C以上になる高温の場所に置かないでください。
  2. 子どもの手の届かない、湿気の少ない場所で保管しましょう。

廃棄時の注意

  1. 廃棄の際には、火気のない屋外でスプレーボタンを押すなどして、中身を出し切ってください。
  2. スプレー缶に中身が残っている状態で穴を開けると漏れ出た可燃性ガスに引火するおそれや、中身が飛び散って皮膚に付着するおそれがあるため、穴を開けずに、燃えないごみ指定袋に入れてください。

(補足)廃棄の方法は、こちらをご覧ください。

  スプレー缶・カセットボンベのごみの出し方


掲載日 令和2年8月13日 更新日 令和2年10月9日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
市民環境部 市民協働推進課 自治活動支援係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-2463
FAX:
0279-24-6541
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています