このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ暮らし・手続きごみ・環境保全ごみの減量・リサイクル> 生ごみの減量・食品ロスの削減にご協力ください

生ごみの減量・食品ロスの削減にご協力ください

  市内の家庭から出る「燃えるごみ」の排出量は、17,183トン(平成30年度実績)になります。

  燃えるごみの種類別割合では、約13.3%が「生ごみ」や食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」であることから、市内の家庭から出る生ごみや食品ロスの量は、約2,285トンであると推計できます。

  この生ごみや食品ロスが10%減ると、1年間で約229トンのごみの減量につながります。

  これを市民1人当たりに換算すると、1年間で約3キログラムのごみを減量できる計算になります。

  大切なのは、一人一人が「もったいない」を意識して行動することです。
  生ごみの減量や食品ロスの削減に向けて、出来ることから始めてみましょう。

10月は食品ロス削減月間です

  令和元年10月1日に「食品ロスの削減の推進に関する法律」が施行され、毎年10月は「食品ロス削減月間」と定められました。

  消費者庁では、食品ロスを減らすための様々な情報を発信しています。

群馬県の取り組み

  群馬県では、生ごみの減量や食品ロスの削減を進めるため、ぐんまちゃんの3キリ運動(外部ページに移動します)の取り組みを呼びかけています。

使いきり

  • 計画的な買い物で廃棄食品を出さないようにしましょう!
  • 賞味期限を正しく理解して廃棄する前に使いきりましょう!
  • 週に1回は「冷蔵庫一掃日」(消費期限が近い食材を使い切る日)を設定しましょう!

食べきり

水きり

  • 料理に使えない部分は、洗う前に切り落としましょう!
  • お茶がら、ティーパック、果物や野菜の皮などは、一晩おいて乾燥させてから捨てましょう!
  • 生ごみを捨てるときは、しっかり水切りをしてから捨てましょう!
  •   生ごみの水切りについてのページも参考にしてください。

渋川市の取り組み

  渋川市では、ごみ減量対策として、家庭から出た生ごみを堆肥化する処理容器等を購入した人に対し、購入費用の一部を助成しています。

  詳しくは、生ごみ堆肥化処理容器等購入費補助金制度をご確認ください。

渋川市は全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会に参加しています

  全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会とは、「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる運動」の趣旨に賛同する地方公共団体により、広く全国で食べきり運動等を推進し、食品ロスを削減することを目的として設立された自治体間のネットワークです。

 


掲載日 平成30年3月9日 更新日 令和2年11月11日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
市民環境部 環境政策課 生活環境係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-2114
FAX:
0279-24-6541
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています