このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ暮らし・手続き国民健康保険保険税> 国民健康保険税・後期高齢者医療保険料の仮徴収のお知らせ

国民健康保険税・後期高齢者医療保険料の仮徴収のお知らせ

  令和3年度の国民健康保険税と後期高齢者医療保険料の仮徴収(年金天引き)を、4月から行います。

  納付方法の変更を希望する人は、1月中に手続きを行ってください。

仮徴収とは

  令和3年度の保険税(料)は、被保険者の前年中の所得と令和3年4月1日現在の世帯の状況により算定されます。

  また、年間の保険税(料)は、令和2年中の所得が確定した7月に決定します。

  このため、4月・6月・8月の保険税(料)は、令和元年度の保険税(料)を基にした仮の金額(仮徴収)で徴収を行います。

仮徴収保険税(料)の額

  1. 本年2月に特別徴収(年金天引き)で納付する徴収額と同額を4月・6月・8月の年金から天引きします。
  2. これまで普通徴収(納付書または口座振替)で納付していた人は、令和元年度の年間保険税(料)を年金支給回数(6回)で割った額を4月・6月・8月の年金から天引きします。

保険税(料)の平準化を行います

  4月、6月、8月の仮徴収額と10月、12月、2月の本徴収額の金額の差が一定額以上になると見込まれる人は、特別徴収額ができるだけ均等になるよう、6月と8月の仮徴収額を変更することがあります。

対象者 

国民健康保険税

  令和2年10月1日までに次の要件をすべて満たした世帯は特別徴収が令和3年4月支給分の年金から開始されます

  1. 世帯主の介護保険料が特別徴収されている
  2. 世帯主が国保に加入している
  3. 世帯の国保加入者の全員が65歳以上75歳未満
  4. 世帯主の特別徴収対象年金額が年間18万円以上
  5. 介護保険料と国保税の合計が、世帯主の特別徴収対象年金額の2分の1を超えない
  6. 年度内に75歳になる加入者がいない
  7. 納付方法変更申出により普通徴収(口座振替)に変更していない

後期高齢者医療保険料

  令和2年10月1日までに次の要件をすべて満たした人は特別徴収が令和3年4月支給分の年金から開始されます

  1. 介護保険料が特別徴収されている
  2. 特別徴収対象年金額が年間18万円以上
  3. 介護保険料と後期保険料の合計が、世帯主の特別徴収対象年金額の2分の1を超えない
  4. 納付方法変更申出により普通徴収(口座振替)に変更していない

納付方法の変更を希望する人はお早めにお手続きを

  年金からの天引きではなく、口座振替による納付方法に変更することができます。(納付書による納付への変更はできません。)

  希望する人は、金融機関で口座振替の手続きを行った後、口座振替依頼書の本人控、被保険者証、印鑑を持参のうえ、保険年金課または各行政センターで手続きをしてください。
  (補足)4月の仮徴収から変更を希望する人は、1月末までに手続きを行ってください。
  (補足)金融機関で手続きしただけでは納付方法を変更することはできませんのでご注意ください。また、口座振替が不能となったときは、特別徴収が再開される場合があります。

保険税(料)の確定 

  令和3年度の保険税(料)は7月に決定し、7月中旬に改めて通知書等を送付します。


掲載日 令和3年1月1日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
スポーツ健康部 保険年金課 国保年金係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-2429
FAX:
0279-24-6541
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています