このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ暮らし・手続き国民健康保険後期高齢者医療制度> 一定以上の所得がある人の医療費窓口負担割合が見直されます

一定以上の所得がある人の医療費窓口負担割合が見直されます

令和4年10月1日から、医療費の窓口負担割合に新たに「2割」が新設され、「1割」「2割」「3割」の3区分へ変更となり、一定以上の所得がある人は、窓口負担割合が「2割」になります。

  変更対象となるのは、全体のうち約20%の人です。

現役並み所得者(3割負担)と住民税非課税世帯(1割負担)の条件は変わりません。

(補足)令和4年10月1日以降の窓口負担割合は、8月下旬から判定を行うことが可能となるため、判定後の窓口負担割合等のお問い合わせについては、9月以降にご案内できます。

 

新しい被保険者証(保険証)を送付します

後期高齢者医療制度の保険証が、8月1日から新しくなります。新しい保険証は、7月中に加入者に郵送します。

制度の見直しに伴い、7月に8月から9月まで使える保険証(水色)と、9月に10月から翌年7月まで使える保険証(だいだい色)を2回に分けて送付します。

〈保険証の窓口交付〉

保険証の窓口交付を希望する人は、6月30日(木曜日)までに保険年金課または各行政センターに連絡してください。

  • 窓口交付開始日7月19日(火曜日)
  • 持参するもの本人であることを証明するもの(運転免許証など)

掲載日 令和4年6月15日
アクセス数
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
スポーツ健康部 保険年金課 医療給付係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-2461
FAX:
0279-24-6541
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています