このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ暮らし・手続き都市計画区画整理> 四ツ角周辺土地区画整理事業について

四ツ角周辺土地区画整理事業について

四ツ角周辺土地区画整理事業の概要

事業の名称

  渋川都市計画事業四ツ角周辺土地区画整理事業

施行者

  渋川市

施行地区面積

  9.05 ヘクタール

事業施行期間

  平成2年10月から令和2年3月

総事業費

  118億5千万円

地区内人口等

  • 地区内人口 915人
  • 地区内人口密度 101.1人/ヘクタール
  • 地区内DID 100パーセント

地区内建物数等

  • 地区内建物戸数等 329戸 417棟
  • 市街化率 98.09パーセント

地区内権利者数

  • 土地所有者数 263人
  • 借地権者数 69人

減歩率

  • 公共減歩 20.21パーセント
  • 実質減歩 13.41パーセント

整理前後の土地利用状況

土地利用状況

区分

整理前
面積(平方メートル)

整理前

パーセント

整理後
面積(平方メートル)

整理後

パーセント

公共用地(道路)

13,346.33

14.74

29,560.52

32.65

公共用地(公園)

0

0

1,810.75

2.00

公共用地(河川・水路)

2,094.35

2.31

268.09

0.30

公共用地(小計)

15,440.68

17.05

31,639.36

34.95

公共用地(減価補償金による
公共施設充当用地)

5,789.27

6.39

0

0

21,229.95

23.44

31,639.36

34.95

宅地

68,023.56

75.14

58,895.37

65.05

測量増

1,281.22

1.42

0

0

合計

90,534.73

100.00

90,534.73

100.00

四ツ角周辺土地区画整理事業の特色

  1. 密集した既成市街地の都市改造型区画整理である。
  2. 公共施設充当用地(約5,700平方メートル)を先行取得し、減歩緩和を図った。
  3. 換地設計において、小規模宅地の救済措置を講じた。
  •  65平方メートル未満の宅地には、減歩を課さない。
  •  65平方メートルから100平方メートルの宅地には、減歩を緩和する。
事業の経過等
年月日 事項
平成元年10月31日 都市計画決定
平成2年10月1日 事業計画の決定(当初)
平成3年3月4日 土地区画整理審議会設置
平成5年2月1日 変更事業計画の決定(第1回)
平成6年5月 仮換地案の関係権利者供覧
仮換地案に対する意見書の提出(82件)
平成6年12月20日 仮換地指定の開始(から平成16年5月28日)
工事着手(建物移転等)
平成8年1月25日 変更事業計画の決定(第2回)
平成9年2月 ふるさとの顔づくりモデル事業 予備調書作成
平成9年12月26日 ふるさとの顔づくりモデル事業 モデル地区指定
平成10年3月 ふるさとの顔づくりモデル事業 顔づくり計画書作成
平成15年10月28日 変更事業計画の決定(第3回)
平成16年5月28日 第11次仮換地指定(指定率:100パーセント)
平成22年12月 変更事業計画の決定(第4回)
平成24年3月 変更事業計画の決定(第5回)
平成26年度末 建物移転等完了進捗率:100パーセント
全体事業費ベース進捗率:97.0パーセント

設計図

  こちらからダウンロードできます。四ツ角周辺土地区画整理事業 設計図(PDF形式:45KB)

写真で見る四ツ角周辺土地区画整理事業の様子

  (旧)渋川公民館屋上から四ツ角を望む(平成19年3月撮影)

写真:渋川公民館屋上から四ッ角を望む


掲載日 平成27年8月29日 更新日 令和2年10月27日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
建設交通部 都市政策課 計画係
住所:
〒377-0007 群馬県渋川市石原6番地1
電話:
0279-22-2073
FAX:
0279-22-2132
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています