このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ暮らし・手続き新型コロナウイルス感染拡大防止感染症の予防について> 医療従事者の皆さんへ感謝を伝える「#ありがとう」プロジェクト

医療従事者の皆さんへ感謝を伝える「#ありがとう」プロジェクト

 新型コロナウイルス感染症の治療等に従事される医療関係者の皆さんにエールを送る「#ありがとう」プロジェクトを実施しました。

医療従事者へのエール(感謝・応援メッセージ)を募集(現在は募集していません)

  市では、新型コロナウイルス感染症に細心の注意を払いながら最前線で活動されている医療従事者の方々に対する感謝・応援のメッセージを募集しました。

  皆様からいただいたメッセージは、随時取りまとめ医療機関へお届けしました。

「クラップ・フォー・ケアラーズ」を実施しました

  英国の市民らが発案したとされる「クラップ・フォー・ケアラーズ(医療従事者らへ拍手を)」と名付けられた取り組みを市役所内で行いました。

  (補足)下記のリンクにて、令和2年5月1日(金曜日)に行われた様子の動画を公開しています。

ブルーライトアップ運動を実施しました

  医療従事者の皆さんに感謝と敬意を表し、一日も早い新型コロナウイルスの収束を願い、クラップ・フォー・ケアラーズの実施日に、東京電力パワーグリッド株式会社渋川支社の社屋鉄塔をブルーライトアップしました。

ブルーライトアップの様子

「看護の日×Nursing Now」ピンバッジを付けて市職員が従事しました

  2020年は、1990年に制定された「看護の日・看護週間」から30周年、またナイチンゲール生誕から200周年であることから、これを記念した「Nursing Now」キャンペーンが世界的に展開されました。

  本市においては、公益社団法人日本看護協会が「Nursing Now」 とコラボレーションし、記念に作成したピンバッジを窓口などの職場に従事する市職員が付け、医療関係者の皆さんに「ありがとう」の気持ちを送りました。

代用ガウンづくりをお手伝いしました

  感染症指定医療機関の渋川医療センターでは、医療用ガウンの不足が深刻となり、看護師や事務職員がゴミ袋を使い代用ガウンを作成していました。医療に従事する人の負担を軽減するため、市職員が代用ガウン作成を代行しました。


掲載日 令和5年4月1日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
総合戦略部 政策戦略課 広報係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-2182
FAX:
0279-30-3018
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています