このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
目的別検索
渋川市トップ暮らし・手続き共生社会心のバリアフリー> 新型コロナウイルスワクチン接種に関する差別等の防止について

新型コロナウイルスワクチン接種に関する差別等の防止について

ストップ「ワクチン差別」

新型コロナウイルスワクチン接種は感染症の収束に向けて効果が期待されており、接種を推奨しています。しかし、体質や持病などの理由でワクチン接種ができない人もおり、接種の有無等に対するワクチン差別を引き起こしています。
こうした差別をなくし、誰もが自分らしく、互いに寄り添い、共に生きる社会をつくるため、新型コロナウイルスワクチン接種を強制したり、接種を受けていない人に対する差別防止の啓発にご協力をよろしくお願いいたします。

ワクチン差別の例

  • 接種の有無が第三者にわかるように調査する。
  • ルールを作るなどにより、受けなければならない雰囲気を作る。
  • ワクチン接種をしない理由の提出を求める。
  • 退職、職場や授業からの退出を求める、参加させないなど非接種のみを理由に不当な扱いをする。

掲載日 令和3年7月6日
アクセス数
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
総合政策部 政策創造課 企画戦略・共生社会推進係
住所:
〒377-8501 群馬県渋川市石原80番地
電話:
0279-22-2396
FAX:
0279-24-6541
Mail:
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています