「群馬県ふるさと伝統工芸品」「群馬県ふるさと伝統工芸士」について

最終更新日 2017年8月4日

ページID P001884

印刷

群馬県では、地域の風土の中で生まれ、連綿と受け継がれてきた工芸品を「群馬県ふるさと伝統工芸品」として指定するとともに、その製造従事者を「群馬県ふるさと伝統工芸士」として認定することにより、その社会的評価を高め、伝統技術・技法の維持・向上等を図っています。

詳細につきましては、群馬県のホームページを御覧下さい。

群馬県ホームページ(外部サイトへリンク)(新しいウインドウが開きます)

渋川市内指定・認定案件(敬称略)

群馬県ふるさと伝統工芸品:伊香保つる細工

製造者:あけびや工芸店さまた

伊香保つる細工

群馬県ふるさと伝統工芸品:ぐんまのこけし

製造者:群馬県こけし共同組合

群馬県ふるさと伝統工芸士:青木 蓼華、加藤 龍雄、藤川 正衛

ぐんまのこけし

新規指定及び新規認定要件

(1)群馬県ふるさと伝統工芸品

  • 主として日常の生活のように供されるものであること。
  • その製造工程の主要部分が手工業的であること。
  • 伝統的かつ優れた技術又は技法により製造され、相応な品格及び造形を備えたものであること。

(補足)「伝統的」とは、原則として当該工芸品を製造する技術又は技法が今日まで30年以上継続していることが必要です。

  • 伝統的に使用されてきた原材料が主たる原材料として用いられ、製造されるものであること。

(2)群馬県ふるさと伝統工芸士

  • 県内に居住する群馬県ふるさと伝統工芸品の製造従事者で、製造に係る実務経験年数が12年以上あり、かつ現在も製造に直接従事している者。
  • ふるさと伝統工芸品の製造に関する高度の伝統技術・技法、知識を有し、その維持及び発展に努めていること。
  • ふるさと伝統工芸品の振興に係る事業の推進等に貢献しており、かつ今後も貢献できること。
  • 後継者育成に熱意のあること。
  • 伝統工芸士にふさわしい高潔な人格を有すること。
  • 経済産業大臣から指定を受けた伝統的工芸品の製造者でないこと。

詳しくは、群馬県工業振興課 電話 027−226−3358までお問い合わせください。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市商工観光部商工振興課工業労政係

渋川市石原6番地1
電話番号 0279-22-2596
ファクス番号 0279-22-2132
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。