インフルエンザ情報

最終更新日 2019年1月18日

ページID P000400

印刷

インフルエンザ予防の基本:うがい、手洗い、咳エチケット
感染症を予防しましょう!

感染情報

インフルエンザについて

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染して起こる病気で、38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が現れます。あわせて咳や鼻水などの症状も見られます。重症化することが多いことも特徴のひとつですので、小児や高齢者は特に注意が必要です。普通の風邪は、鼻水や咳などの症状が多く見られ、発熱も比較的に軽いものとなります。

流行性があることも特徴で、一度流行が始まると、短期間で感染が広がります。日本では12月から流行しだす傾向です。

また、平成21年に流行した新型インフルエンザ(A/H1N1)は、平成23年3月31日をもって季節性インフルエンザとして扱われることになりました。

インフルエンザにかからないために

インフルエンザの感染力は、非常に強力です。睡眠不足や体力が落ちているときなどはインフルエンザに感染しやすくなります。以下の事項に注意して、インフルエンザの予防をしましょう。

休養と栄養を十分に取りましょう

インフルエンザが流行しても負けないために、睡眠など十分な休養を取りましょう。また、バランスのとれた食事をするよう心がけましょう。

インフルエンザワクチンの接種

インフルエンザワクチンは、流行前に接種することでインフルエンザに感染しても発病を低減させたり、発病しても重症化を防ぐ効果が期待できます。

咳エチケット

インフルエンザの感染経路は、咳やくしゃみなどの際に発生する水滴を吸い込むことで感染する飛沫感染です。生活している上で飛沫感染を防ぐことはとても困難です。また、感染者でも症状がなかったり軽い症状であった場合、自分がインフルエンザに感染していることが気付かない場合もありますので、普段から咳エチケットを心がけることで飛沫感染対策を行いましょう。

咳エチケットとは

  • 咳・くしゃみをするときには、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、周りの人から顔をそむけましょう。
  • 使用後のティッシュは、すぐにフタ付きのゴミ箱に捨てましょう。
  • 症状のある人は、マスクを正しく着用し感染防止に努めましょう。

外出後は手洗い、うがいをしましょう

石けんや流水による手洗いは、手指についたインフルエンザウイルスのみならず、ほかの感染症ウイルスを除去する感染症対策の基本です。インフルエンザウイルスは、アルコール消毒も効果が期待できます。

また、外出後はうがいをしましょう。お茶や紅茶でうがいをすると効果的といわれています。

その他

  • インフルエンザが流行してきたら、できるだけ人混みは避けましょう。
  • 部屋の湿度を高く保ちましょう。

インフルエンザにかかってしまったら

  • 早めに医療機関を受診しましょう。
  • 安静にして十分に休養を取りましょう。水分も十分に取りましょう。
  • 感染拡大を防ぐため、治るまでは外出は自粛しましょう。
  • 咳の症状がある場合は、咳エチケットを行いましょう。

インフルエンザ感染予防相談

日常生活の中での感染予防のポイントについて、具体的に説明します。

相談場所

  • 渋川市保健センター(渋川市役所健康管理課)
    電話番号:0279-25-1321(月曜日から金曜日(祝日、12月29日から1月3日を除く)8時30分から17時15分)

インフルエンザに関する相談窓口

インフルエンザ電話相談

かかりつけ医を持たない方や受診する医療機関がわからない方への情報提供を行ったり、インフルエンザの自宅療養中の方からの相談にお応えするため、電話相談窓口を開設しています。

(補足)新型インフルエンザ等発生時専用の相談窓口のため、発生した場合のみ開通いたします。

関連情報案内

関連リンク

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市スポーツ健康部健康管理課(渋川市保健センター)管理予防係

群馬県渋川市石原6番地1 第二庁舎一階
電話番号 0279-25-1321
ファクス番号 0279-20-1037
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。