国民年金の保険料

最終更新日 2018年9月11日

ページID P001222

印刷

保険料の納付について

国民年金保険料は、20歳から60歳になるまでの40年間納めることになっています。

厚生年金や共済組合の加入者(第2号被保険者)については、給料から天引きされます。また、第2号被保険者に扶養されている配偶者(第3号被保険者)については、配偶者が加入する年金制度から拠出しますので個別に納める必要はありません。
どちらでもない人(自営業者、農業者、学生、無職の人など)は第1号被保険者であり、個別に保険料を納めます。

  • 定額保険料 月額16,340円(平成30年度)(参考:29年度16,490円)
  • 付加保険料 将来より高い年金を受けたい人は、申出によって月額400円の保険料を上乗せして納めることができます。(国民年金基金加入者は除く)

納期限は、納付対象月の翌月末日です。(例:4月分の納期限は5月末日)
保険料は、納期限の翌日から2年を過ぎると時効によって納められなくなり、将来年金を受けるときに不利になりますので注意してください。

また、前納(前払い)することにより保険料が安くなります。
参考:国民年金の前納

保険料の納め方

国民年金の保険料は、以下の方法で納められます。

金融機関・郵便局・コンビニの窓口で納める

郵送されてくる納付書で納めます。なお、納付書がない場合には渋川年金事務所へ連絡してください。

口座振替で納める

口座振替での納付を希望される場合は、通帳、通帳届出印、年金手帳など基礎年金番号がわかるものを持参し、渋川年金事務所または金融機関の窓口で手続きしてください。

クレジットカードで納める

クレジットカード納付は、事前に申込をし、継続的にクレジット会社が立替納付を行うものです。(クレジットカードを提示して、直接納付する方法ではありません。)
クレジットカードでの納付を希望される場合は、クレジットカード、印鑑、年金手帳など基礎年金番号がわかるものを持参し、渋川年金事務所で手続きしてください。

インターネットや携帯電話

インターネットバンキングやモバイルバンキングを利用して納付することもできます。詳しくは日本年金機構のホームページ(新しいウインドウが開きます)をご覧ください。

保険料の免除

免除(全額免除・一部免除)・猶予制度

経済的な理由などで保険料が納められない場合は、申請して承認を受けると、保険料が全額、4分の3、半額、4分の1免除されます。免除の決定に際しては、本人、配偶者および世帯主の前年所得により審査されますので、免除を申請する場合には住民税の申告が必要です。

また、50歳未満で本人と配偶者の前年所得が一定額以下の場合には、申請して承認を受けると保険料の納付が猶予されます。

参考:国民年金保険料免除制度・納付猶予制度

学生納付特例制度

学生については、本人の前年所得が一定額以内である場合には、申請により、両親や世帯主の収入に関係なく保険料の納付が猶予されます。(一部該当しない学校もあります)

参考:学生納付特例制度

法定免除

国民年金第1号被保険者が次のいずれかに該当するとき、届出によってその期間の保険料は免除されます。

  • 障害基礎年金・障害厚生年金(1級・2級)・障害共済年金(1級・2級)などを受けるとき
  • 生活保護法による生活扶助を受けるとき
  • 国立保養所など厚生労働大臣が定める施設に収容されているとき

お問い合わせ先

渋川年金事務所 電話番号:0279-22-1607

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市市民部保険年金課国保年金係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2429
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。