配偶者の扶養から外れたら届出を忘れずに

最終更新日 2016年2月17日

ページID P001220

印刷

厚生年金や共済年金に加入している配偶者に扶養されている20歳以上60歳未満の人は、配偶者が転職・退職したときや扶養から外れたとき、種別変更の届出が必要です。

種別変更の届出
異動 届出内容 届出先
配偶者が転職したとき 第3号被保険者の種別確認 配偶者の勤務先
配偶者が退職したとき 第3号被保険者から第1号被保険者に変更 保険年金課または
各行政センター
配偶者が死亡したとき 第3号被保険者から第1号被保険者に変更 保険年金課または
各行政センター
本人の収入増や離婚などにより、配偶者の扶養でなくなったとき 第3号被保険者から第1号被保険者に変更 保険年金課または
各行政センター
配偶者が65歳になったとき 第3号被保険者から第1号被保険者に変更 保険年金課または
各行政センター

(補足)国民年金被保険者の種別

  • 第1号被保険者 自営業者、学生など第2被保険者、第3号被保険者に該当しない人
  • 第2号被保険者 会社員、公務員など厚生年金、共済組合に加入している人
  • 第3号被保険者 第2号被保険者に扶養されている配偶者

詳しくは、渋川年金事務所 電話番号 0279-22-1607または市役所保険年金課へ

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市市民部保険年金課国保年金係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2429
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。