水道管の凍結にご注意ください

最終更新日 2019年1月23日

ページID P006263

印刷

強い寒気が到来し、気温がマイナス4度以下(風当たりの強いところでは-1から2度)になると、給水管や水道メーター、蛇口が凍って、水が出なくなったり、破裂したりする、水道の凍結事故が急に多くなります。テレビ等の気象情報に注意し、凍結対策を行いましょう。

凍結を防ぐために保温しましょう

●給水管や蛇口

 布きれや毛布、あるいは専用の保温材を巻き、ビニールテープを水道管の下の方から隙間なく巻き上げてください。蛇口は特に破裂しやすいので、完全に包んでください。水道管を段ボール等で囲み、外気が直接当たらないようにするとさらに効果があります。

●水道メーター

 メーターボックス内に、布きれや発泡スチロールを細かく砕いたものなどの保温材を、濡れないようビニール袋などに入れてから水道メーターを保護するように詰めてください。

 (補足)水抜き栓や不凍水栓をご使用のご家庭では、お休み前やお留守にする前に水抜きをしましょう。

凍結しやすい水道

  • 北向きのところにあるもの
  • 風当たりの強いところにあるもの
  • 屋外にあるもの
  • 露出しているもの
  • 中高層住宅の高架水槽やこれに水を送る給水管など

凍結して水が出ないとき

蛇口を開け、気温の上昇により自然に解凍するのを待つか、凍った部分にタオルか布をかぶせ、蛇口の方からぬるま湯を万遍なくゆっくりとかけてください。

(補足)熱湯を急にかけたりすると、ひび割れや破裂を起こすことがありますので、絶対に行わないでください。

破裂したり、ひび割れしたとき

止水栓を閉めて、破裂、ひび割れした箇所に布かテープをしっかりと巻き付け、応急手当をしてから、渋川市指定給水装置工事事業者へ修理を依頼してください。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市水道部水道課工務係

渋川市石原6番地1
電話番号 0279-22-2119
ファクス番号 0279-22-2167
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。