住民の住所に関する届出等や住民基本台帳の証明

最終更新日 2016年1月1日

ページID P001437

印刷

住民の住所に関する届出

転出・転入の届出、転居届、世帯主変更届などをいいます。この届出は居住関係の証明、学校の転入学、運転免許証の取得など私たちの日常生活と密接な関係をもっていますので、定められた期間内に正しく届け出てください。

手続きの際は通知カードを忘れずに

平成27年11月中旬から順次、個人番号の「通知カード」の発送が始まります。

お手元に届いた方については、住所に関する届け出の際にカードに記載事項の変更をいたしますので、異動する方全員の通知カードをお持ちください。

住民の住所に関する届出等一覧表

届け出の種類

どんなときにするか

届け出期間

届け出に必要なもの

転入届

他の市町村から渋川市に転入してきたとき

住みはじめた日から14日以内

  • 印鑑(認印)
  • 前に住んでいた市区町村発行の転出証明書
  • 在学証明書(義務教育中の方のみ)
  • 運転免許証等
  • 個人番号の「通知カード」
  • 個人番号カード(お持ちの方のみ)

転居届

渋川市内で住所を異動したとき

住みはじめた日から14日以内

  • 印鑑(認印)
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 福祉医療費受給資格者証(加入者のみ)
  • 運転免許証等
  • 個人番号の「通知カード」
  • 個人番号カード(お持ちの方のみ)

転出届

渋川市から他の市町村に転出するとき

住みはじめる予定の日の14日前から

  • 印鑑(認印)
  • 印鑑登録証(登録者のみ)
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 福祉医療費受給資格者証(加入者のみ)
  • 転出先の住所、転出の予定日
  • 運転免許証等

世帯主変更届

世帯主が変わったとき

変更した日から14日以内

  • 印鑑(認印)
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 福祉医療費受給資格者証(加入者のみ)
  • 運転免許証等

世帯分離届

世帯を分けたとき

変更した日から14日以内

  • 印鑑(認印)
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 福祉医療費受給資格者証(加入者のみ)
  • 運転免許証等

世帯合併届

世帯を一緒にしたとき

変更した日から14日以内

  • 印鑑(認印)
  • 国民健康保険証(加入者のみ、両世帯が加入している場合は両方の保険証)
  • 福祉医療費受給資格者証(加入者のみ)
  • 運転免許証等

住民票の写しには、「世帯全員(謄本)」が記載されているものと、「世帯の必要な人のみ(抄本)」が記載されているものとがありますので、どちらが必要か充分確認したうえで請求してください。

住民票は、住所を公証する書類なので証明されている内容は本来、(1)氏名(2)住所(3)生年月日(4)性別の4項目のみですが、使用目的により本籍の表示や世帯主名及び世帯主との続柄が必要な場合があります。本籍や続柄等が必要か不要かは、提出先に充分確認したうえで請求してください。

(官公庁・運転免許センター等への提出は、本籍等の記載が必要です。)

なお、法律改正により、住民票等の請求をされる場合、本人確認を行っていますので、印鑑と運転免許証等をお持ちください。

住民票が転出や死亡等により除票となった後は、5年を経過すると請求できなくなりますのでご了承ください。

住民票に関する証明書等一覧表

証明の種類

内容と注意事項

手数料

住民票の写し

住所、氏名、生年月日、性別などを証明したもの(本籍や続柄は必要に応じ表示)

1件 300円

戸籍の附票の写し

その戸籍ができてからの住所の異動を証明したもの

1件 300円

住民票の除票

転出・死亡等により消除された住民票の写し

1件 300円

住民票の記載事項に関する証明

住民票に記載されている内容と相違がないことの証明

1件 300円

住民基本台帳の閲覧

住民基本台帳の一部の写しを閲覧すること

1人 300円

転出証明書

転出届により発行される証明(他市町村へ転入するとき必要です。)

無料

その他の証明書

法律改正により、本人確認を行っていますので、印鑑と運転免許証等をお持ちください。

戸籍の附票

戸籍の附票とは、戸籍が編製されてから除籍になるまでの住所異動の履歴が記載されている書類です。

戸籍の附票は、本籍地の役所以外では発行できません。また、戸籍が転籍や除籍になった後、5年を経過すると請求できなくなる場合がありますのでご了承ください。

使用目的により改製原附票が一緒に必要になるケースもありますので、提出先に充分確認したうえで、必要な住所の記載されている附票を請求してください。

身分証明書

成年被後見人(禁治産者)、被保佐人(準禁治産者)、被補助人及び破産者についての通知を受けていないことを証明するものが、身分証明書です。

申請する場合は、本籍地において本人が請求してください。代理人が請求される場合は、必ず委任状が必要になりますのでご注意ください。

身分証明書について

証明の種類

内容と注意事項

手数料

戸籍の附票の写し

その戸籍ができてからの住所の異動を証明したもの

1件 300円

身分証明書

成年被後見人、準禁治産、破産宣告、後見の登記の通知を受けていないことを証明するもの

1件 300円

詳細な手続きは戸籍・住民票の必要な方へ。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市市民部市民課市民係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2459
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。