森林の土地の所有者届出制度

最終更新日 2018年2月20日

ページID P001934

印刷

森林の所有者となったときには届出が必要です。

平成23年4月の森林法の改正により、平成24年4月以降、森林の土地の所有者となった方は市町村長への事後届出が義務付けられています。

届出対象者

個人・法人を問わず、売買や相続等により森林の土地を新たに取得した方は、面積に係わらず届出をしなければなりません。ただし、国土利用計画法に基づく土地売買契約の届け出を提出している方は対象外です。

届出期間

土地の所有者となった日から90日以内に、取得した土地のある市町村の長に届出をしてください。

届出事項

届出書には、届出者と前所有者の住所氏名、所有者となった年月日、所有権移転の原因、土地の所在場所、面積等を記載します。添付書類として、登記事項証明書(写しも可)または土地売買契約書など権利を取得したことがわかる書類の写し、土地の位置を示す図面が必要です。

その他

売買・贈与などの譲渡人等については、群馬県水源地域保全条例により、事前に渋川森林事務所に届出が必要となっております。

詳しくは渋川森林事務所(渋川市金井395 渋川合同庁舎3階、0279-22-2763)にお問い合わせください。

 

群馬県水源地域保全条例による届出(外部サイトへリンク)

渋川森林事務所(外部サイトへリンク)

 

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き渋川市のサイトを離れます)が必要です。

関連リンク

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市農政部農林課林政係

群馬県渋川市石原6番地1
電話番号 0279-22-2593
ファクス番号 0279-22-2132
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。