土壌汚染対策法における「溶出量基準値」

最終更新日 2015年11月30日

ページID P001609

印刷

溶出量基準は、土壌に含まれる有害物質が地下水に溶け出し、人がその地下水を一日2リットル、一生涯(70年)にわたって毎日飲み続けても健康に悪い影響が現れない濃度に設定されています。

なお、地下水等の摂取によるリスクについては、既に環境基本法に基づき土壌環境基準が定められています。つまり、土壌環境基準は、土壌から地下水等へ汚染物質が溶け出すことに着目し、地下水等から有害物質を体内に取り込むことによる健康に悪い影響を防止する観点で定められた基準ということになります。そのため、溶出量基準と土壌環境基準は測定方法も基準値も同じになっています。

土壌汚染対策法溶出量基準

  • 六価クロム 0.05 ミリグラム/リットル以下
  • フッ素 0.8 ミリグラム/Lリットル以下

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市市民部環境課環境保全係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-3733
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。