このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

徳冨蘆花記念文学館

徳冨蘆花終えんと記念館の写真

お知らせ

休館日について

徳冨蘆花記念文学館は、令和6年4月1日(月曜日)から、毎週金曜日が休館日となります。

また、年末年始は12月29日から翌1月3日までが休館日となります。

令和5年度企画展「日清戦争の錦絵展」

7月1日(月曜日)から8月25日(日曜日)までの期間で、企画展「日清戦争の錦絵展」を開催しています。

日清戦争の錦絵は、戦争中の明治27年から28年にかけて出版された多色刷りの版画で、3枚1組のものを1作品としたものが定番で、当時300作品余りが出版されたといわれています。

7

6月の文学館2

梅雨入りし、ジメジメと蒸し暑い毎日です。こんな日にまた珍しいお客さまがらっしゃいました。

サワガニです。どこから来るのか謎なのですが、雨が降ると時折館内にいらっしゃいます。

もし出会った際は、スタッフへお声掛けください。

6.2_1

6.2_2

6月の文学館

文学館のサツキがきれいに咲いています。また、庭園の苔も緑が美しいです。ぜひご覧になってください。

6_1

(庭園:苔の緑が美しいです)

6_2

(サツキが美しく咲いています。)

6_3

(記念館前)

6_4

(ホトトギスが大きく育ってきました!)

6_5

6_6

(記念館から見える景色)

(令和6年6月17日撮影)

お知らせのバックナンバーについて

最新のお知らせを、上記に表示しています。これまでの記事は、下記のリンクからご確認ください。

徳冨蘆花記念文学館からのお知らせのバックナンバーは、こちらをクリックしてください。

施設の概要

  小説「不如帰(ほととぎす)」で有名な明治の文豪、徳冨蘆花は自然豊かな伊香保を気に入り、何度も足を運びました。徳冨蘆花記念文学館では、蘆花が定宿としていた旅館の離れを移築・復元し、記念館として公開しています。

  ほかに、当時の「写真や書簡、遺品、文学作品など蘆花に関する様々な資料を揃えた展示館もあり、豊富な展示資料からは蘆花の生い立ちや、時代背景についても触れることができます。

利用案内

開館時間

  • 8時30分から17時00分(入館は16時30分まで)

観覧料

  • 一般大人350円、小中高校生200円
  • 団体(20名以上)大人300円、小中高校生150円

    ただし、障がい者手帳等をお持ちの方と付き添いの方1名まで無料です。

休館日

  • 毎週金曜日
  • 12月29日から翌1月3日まで

写真紹介

写真:常設展示室

常設展示室

写真:企画展示室

企画展示室

写真:記念館玄関

記念館玄関

写真:記念館終えんの部屋

蘆花終えんの部屋

写真:喫茶コーナー

喫茶コーナー

イベント情報

企画展

夢見る女性誌展

  • 日程:令和6年5月1日(水曜日)から6月25日(火曜日)

錦絵展

  • 日程:令和6年7月1日(月曜日)から8月25日(日曜日)

紙芝居展

  • 日程:令和6年9月1日(日曜日)から10月24日(木曜日)

浮世絵展

  • 日程:令和6年11月2日(土曜日)から令和6年12月25日(水曜日)

双六展

  • 日程:令和7年1月4日(土曜日)から2月25日(火曜日)

渋川の碑めぐり展

  • 日程:令和7年3月1日(土曜日)から4月24日(木曜日)

追悼お茶会

  蘆花を偲び、月命日に林宗静社中「静翠会」による追悼茶会を開催します。

日程

  • 令和6年5月18日(土曜日)10時から15時まで
  • 令和7年1月18日(土曜日)10時から15時まで

金額

  • お一人さま500円

お問い合わせ先

徳冨蘆花記念文学館

所在地 群馬県渋川市伊香保町伊香保614番地8

電話番号 0279-72-2237

ファクス番号 0279-72-2237(電話番号と共通)


掲載日 令和6年7月8日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
教育部 徳冨蘆花記念文学館
住所:
〒377-0102 群馬県渋川市伊香保町伊香保614番地8
電話:
0279-72-2237
FAX:
0279-72-2237
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています