ジェネリック医薬品について

最終更新日 2016年8月1日

ページID P001212

印刷

「ジェネリック医薬品に関するお知らせ(ジェネリック医薬品利用差額通知)」を送付します

渋川市国民健康保険に加入されている皆さんが、医療機関や調剤薬局で処方された医薬品の中で、ジェネリック医薬品(後発医薬品)に変更したらどのくらい安くなるかを個人別にお知らせするものです。

市では、この「お知らせ」を2回通知いたします。(ただし、差額が少ない場合や疾病内容によっては、通知しない場合があります。)

ジェネリック医薬品をご利用ください

医療費の増大により、本市の国保財政は大変厳しい状況に直面しており、加入者の負担も増え続けています。

ジェネリック医薬品の利用により、ご自身の自己負担(病院等の窓口で支払う分:医療費の3割以内)と国民健康保険の負担(医療費の7割以上)を減らし、国保税の増加を抑えることができます。

後期高齢者医療制度についても同様の状況ですので、ジェネリック医薬品の利用に支障のない方はご協力お願いいたします。

ジェネリック医薬品とは

医療機関で処方される薬には、新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)の2種類があります。新たに開発された新薬は、一定期間、独占的に製造・販売ができるよう特許に守られていますが、特許期間満了後に、新薬と同じ成分・効用で作られる後発薬がジェネリック医薬品です。そのため、新薬に比べてとても安価で購入することができます。

ジェネリック医薬品の効果・効能は新薬とほぼ同じです。

ただし、添加剤などが異なることにより、違う症状が現れる場合があります。ジェネリック医薬品の利用にあたっては医療機関等で医師や薬剤師に相談してください。

ジェネリック医薬品希望カードについて

ジェネリック医薬品の希望を医師や薬剤師にお伝えしやすくするため、「ジェネリック医薬品希望カード」があります。このカードを保険証や診察券を出す際に提示してください。(すべてのお薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。使用できる病気・効能が異なる場合や、在庫がない場合など切り替えることができない場合があります。)

「ジェネリック医薬品希望カード」は、市役所保険年金課または各行政センターの窓口で随時配付しています。

関連リンク

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市スポーツ健康部保険年金課国保年金係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2429
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。