福祉医療制度と手続き

最終更新日 2017年6月21日

ページID P001194

印刷

福祉医療制度は、別表の資格要件に該当し、受給資格者証を持っている人が加入する健康保険で医療機関等を受診したとき、保険診療による自己負担分を渋川市が福祉医療費として負担する制度です。

まだ手続きをしていない人で、別表の資格要件に該当する人は受給資格者証が交付されますので、手続きに必要なものを持参のうえ、保険年金課または各行政センターの窓口へ申請してください。

福祉医療制度 資格要件について
区分 資格要件 手続きに必要なもの
子ども 15歳に達する日以後の最初の3月31日までの人
  • 母子手帳(出生の場合)
重度心身障害者(児)
(後期高齢者医療被保険者を除く)
  • 特別児童扶養手当1級
  • 障害年金1級
    (上記相当の障害で年金を受給できない人)
  • 身体障害者手帳1級・2級・3級
  • 療育手帳判定A・B
  • 証書
  • 年金証書
    (所定の診断書)
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳

精神通院医療者
(後期高齢者医療被保険者を除く)

障害者総合支援法施行令第1条の2第3号が適用されている人

(注意)ただし、定められた医療機関・薬局に限る

  • 保険証
  • 自立支援医療受給者証(精神通院)

高齢重度障害者

(後期高齢者医療被保険者)

  • 障害年金1級
    (上記相当の障害で年金を受給できない人)
  • 身体障害者手帳1級・2級・3級
  • 療育手帳判定A・B

年金証書
(所定の診断書)

  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
ひとり親家庭等
  • 母子及び父子並びに寡婦福祉法第6条第1項、2項に規定する配偶者のいない人で、現に18歳未満の児童を扶養している人及び当該児童
  • 父母のない18歳未満の児童

(いずれも前年所得の申告が済んでいる人)

  • 戸籍謄本(渋川に本籍がない人)
  • 前住所地の所得・課税証明書(1月2日以降に転入した人)
  • 医療保険被保険者証(保険証)、印鑑、前住所地の交付状況証明書(県内転入者のみ)も必要になります。
  • 障害年金1級程度の障害の状態にあると思われる方で、障害年金を受給できない方でも、福祉医療の認定を受けられる場合がありますので、ご相談ください。
  • 「ひとり親家庭等」の資格要件を満たさなくなった場合は受給資格がなくなりますので、保険年金課または各行政センターの窓口へ申し出てください。 

住所や登録事項に変更があったときなどは届出が必要です。

つぎのようなときは、手続きに必要なものを持参のうえ、保険年金課または各行政センターの窓口へ届出をしてください。

住所や登録事項に変更があった場合
区分 こんなとき 手続きに必要なもの
資格変更 加入している健康保険が変わったとき 受給資格者証
健康保険証
印鑑
市内で住所が変わったとき 受給資格者証、印鑑
氏名、世帯主が変わったとき 受給資格者証、印鑑
資格喪失 市外へ引っ越すとき 受給資格者証、印鑑
死亡したとき 受給資格者証、印鑑
生活保護を受けるようになったとき 受給資格者証
保護開始決定通知書
印鑑
その他 受給資格者証を紛失・破損したとき 受給資格者証(破損の場合)
印鑑
障害者手帳・療育手帳・障害年金などの記載事項が変更になったとき 受給資格者証
身体障害者手帳など
印鑑
交通事故でケガをしたとき 受給資格者証
健康保険証
交通事故証明書
印鑑など
  • 上記以外にも資格要件に該当しなくなったときは届出が必要となります。詳しくはお問い合わせください。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市スポーツ健康部保険年金課医療給付係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2461
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。