このページの本文へ移動
トップ移住・定住しぶかわを知る> 住民の声(アンケート調査)

住民の声(アンケート調査)

市民意識調査

市内に居住する18歳以上の市民4,000人を無作為に抽出。1,852人の回答を集計(令和2年9月実施)。
令和2年度渋川市意識調査より

渋川市の住みやすさ

約3割が合併後にまちが整備され”住みやすくなった”と評価
一方、約4割弱の方が”どちらとも言えない”と回答

 

今後の定住意向

約6割の方が”今後も住み続けたい”と回答
男女差はなく、年代別で見ると70代以上の方は約8割弱が"住み続けたい"と回答

 

事業の満足度・重要度

  • 満足度の高い項目
    いつでも安全に利用できる安定した水の供給、公共下水整備や水洗化の推進
  • 満足度の低い項目
    鉄道やバスなどの公共交通の確立、雇用の充実や職場環境の改善など勤労者対策
  • 注目度の高い項目
    市民生活の安定と向上を図るための活動
 

渋川市の将来像

平成18年からの構想を継承して、引き続き「やすらぎとふれあいに満ちた"ほっと"なまち」を目指します。
また、そういった将来像を実現するため「次世代が安心し、誇りを持ち、暮らし、働けるまちづくり」を推進していきます。(第2次渋川市総合計画より)

掲載日 令和3年8月26日
アクセス数