(Q&A)扶養から外れなくて済む収入はいくらまでですか。

最終更新日 2018年1月1日

ページID P005318

印刷

Q(質問)

世帯主の扶養になっていますが、パートやアルバイトなどで扶養から外れない程度の収入を得たいと考えています。いくらまでなら扶養から外れずに済みますか。

A(回答)

ここでは所得税及び住民税における税法上の扶養についてご説明します。

扶養しようとする人の所得が38万円を超えていると、配偶者控除及び扶養控除の対象から外れます。給与の場合、給与所得38万円=給与収入103万円ですので、1月から12月の間に得た給与収入が103万円を超えると扶養から外れてしまいます。

ただし、配偶者の場合は、所得が38万円を超えても段階的に控除額が減少しますが控除を受けられます(配偶者特別控除)。
配偶者特別控除において、配偶者控除と同じ控除額(所得税の場合38万円)でいられる所得の範囲は、85万円までとなります(給与収入で換算すると150万円)。

 

控除額の詳細につきましては、次のチラシをご覧ください。
パート収入と税金(PDF形式 224キロバイト)

 

(補足)この計算は平成30年1月1日以降の所得から適用されます。


なお、税法上の扶養と社会保険料における扶養に関連性はありません。130万円の壁、106万円の壁等の詳細につきましては、お勤め先の保険者等にご確認ください。

関連リンク

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市総務部税務課市民税係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2113
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。