(Q&A)会社を休業しましたが、渋川市に届出が必要ですか?

最終更新日 2016年3月28日

ページID P003705

印刷

Q(質問)

会社を休業しましたが、渋川市に届出が必要ですか?

A(回答)

「法人異動届(設立・開設・変更・解散等)」に休業の旨を記載し、渋川市役所税務課庶務・諸税係まで提出してください。
また、その逆で、事業を再開した場合も、異動届に再開の旨を記載し、提出してください。
 
【休業の異動届が提出された場合の確定申告計算例】

事業年度4月1日~3月31日、従業員2人、資本金100万円、法人税は赤字のため0となった法人が、10月23日付けで休業したとすると、この事業年度の法人市民税の申告額は以下のとおりです。
・法人税が0のため、法人税割は課税されません。
・均等割は月割計算となります。(一月に満たない端数が生じた場合切り捨て)
 均等割の計算月割(事業を行っていた期間)=6ヶ月と22日間≒6ヶ月(切り捨て)
 均等割額=60,000円×6ヶ月÷12ヶ月=30,000円
 よって、法人市民税は30,000円となります。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き渋川市のサイトを離れます)が必要です。

関連リンク

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

情報発信元

渋川市総務部税務課庶務・諸税係

群馬県渋川市石原80番地
電話番号 0279-22-2113
ファクス番号 0279-24-6541
メールフォーム
受付時間

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。